!海外へのグリーディングカード」は日本郵便株式会社が運営するウェブサイトです。 ここでは「トイレットペーパー」の中国語「卫生纸(wèi shēng zhǐ)」と徐々に死語になりつつある「手纸(shǒu zhǐ)」と日本と中国で同じ漢字で違う意味の表現についてご紹介したいと思います。 ・同じ漢字で … 今回は、中国語でのメールの最後の結びに役立つフレーズを紹介します。近年では中国企業とやり取りをすることも増えてきています。特にメールはビジネスで頻繫に使われるツールの一つです。ただ、中国語でどのようにメール書けばいいのか悩みますよね。

「はじめよう!!海外へのグリーディングカード」中国語の文例集のページ。「はじめよう! 中国語書簡文の場合、特に商業文の場合、相手の名称を最初に記述すれば、日本語の手紙で使われる「拝啓」「謹啓」「前略」「拝復」などの冒頭句は用いない。まして時候の挨拶、安否の挨拶(相手側→自分側)など、省略されることが多い。 中国語での手紙の書き方 パソコンが主流の社会で、直筆で文章を書くことがほとんどなくなってしまいましたね。 学校教育に大々的にパソコンを取り入れている中国では、漢字が書けない学生が増えてしまい、社会問題にもなっているそうです。 中国語でメールのやり取りができるようになると、最後の結びのフレーズもたくさんのバリエーションを知っておきたいところですよね。そこで今回は、ビジネスやプライベートにも使える、中国語のメールで使える自然な結びフレーズをご紹介します。 中国の企業とのやり取りで、中国語でビジネスメールできると大きなメリットがあります。ここでは、宛名や書き出しと結びのフレーズやビジネスメールの注意点をご案内します。 中国語のメールの書き方に関連するページとして、「中国語の手紙の例文集」や「中国語の電話の表現集」などがあるので、よろしければそちらもご覧になってみてください。特に手紙はメールと近いので、参考になる表現があると思います。