国語の読解問題の解き方に関する記事です。作文の書き方についてはこちら 国語の読解問題の点を上げるのは簡単! 意外に思うかもしれませんが、国語の読解問題で点を上げるのは簡単です。全科目の中で、これほど短時間で点が上がる科目はありません。 暗記教科は得意だけれど、国語の文章読解問題が全然できない。いっぱい問題を解いたり、問題集や参考書を読んでも定期テストだとボロボロということはありませんか?今回は国語の文章読解問題の解き方の基本の5つのコツを現役教師の立場からご紹介します。 国語の読解問題の解き方に関する記事です。作文の書き方についてはこちら 国語の読解問題の点を上げるのは簡単! 意外に思うかもしれませんが、国語の読解問題で点を上げるのは簡単です。全科目の中で、これほど短時間で点が上がる科目はありません。 2017.09.18 国語&入試国語. 長文読解虎の巻①~問題文はこう読む~ 国語の中で長文読解を苦手とされているお子様は多いと思います。 今回は、長文読解の攻略法を3回に分けてお伝えしていきます。 国語の問題は設問より先に本文・出題文をよく読むべき. 国語勉強法はあります!私はこの勉強法で国語の偏差値を37から65にしました。誰でも国語を得意教科にすることができます。志望校に合格できた秘訣の大学受験合格物語ブログ書いています。 国語科目は現代文・古文・漢文の3つに分類されます。その中でも入試現代文の多くは大問が2つ出題されるので、勉強法を確立して高得点を狙いたいですね。ところが、「本文は理解できたんだけど正解に辿り着けない」「ダミー選択肢を正解と思い込んでしまう」人は結構います。 英文を1文ずつ読もう!のバックナンバー(問題1~50) 1文ずつ、英文を読む練習をしませんか。英文に使われている英文法の解説もあるので、英語が苦手な人の英語学習にピッタリのページです。 大学受験の英語長文読解問題を解く際は、本文を読む前に必ず問題文を先に読みましょう。 先に問題文を読んでおくことで、本文にある程度どのような内容が書かれているか予想するこ … 1.問題文は先に読む. 生徒が国語の問題を解いているのを見ていると、その解き方にいくつかのタイプがあることに気が付く。 まず1番目は「問題文」を最後まで読んでから、「設問」を読んで答案用紙を埋めていく … 国語の文章題で説明文の問題文を読むのが苦手です。読み取りの問題の時には、先に設問(問いの文)を読むのがいいのでしょうか? 相談者:小6女子(大ざっぱ・感情的なタイプ)のお母さま 【回答】 設問ではなく問題文を先に読むほうがやはり王道 <設問文を先に読んだ方がいいのか?> 実は、国語の読解問題の解法は、塾の講師や家庭教師により教え方が違います。よく親御さまから「読解問題に取り組む際には設問を読んでから本文を読んで解いていった方がいいのでしょうか? 国語の読解問題は他の科目のテストと比べると、なんだか雲をつかむような気がしませんか?テストを終えても戻ってくるまで、合っているのか間違えているのか自信がない。問題集を解いて解説を読んでなんとなくわかった気になっても、次に別の問題を解くときに 中学受験で出題される文章は、物語文や論説文、説明文だけではありません。詩、随筆文などを好んで出題する学校もあります。随筆文はエッセイとも言われ、比較的読みやすいのですが、これがなかなか読解問題となると読み誤る受験生は多いのです。 正解はあるのか?国語読解の解答順序 現代文読解問題を解くには、様々な解法テクニックが必要になってきます。 塾での指導や様々な教材でその学習を積んでいくことになるのですが、大前提として検討しなければならない問題があります。 国語読解問題を解く時に、問題文から先に読むのか。 文を読むのが嫌いで、国語に苦手意識を持っているお子様でも、受験のために問題演習をするということは避けられませんし、本人も素直に取り組みやすいものです。もちろん、難易度調整は必要です。 小学生の国語を指導していると、設問だけを見て、本文(出題文)の方をほとんど見ないという子が時々います。 現代文の問題を解くときは問題文読んで設問か設問先に読んで問題文よむのどっちが良いですか? 私は、設問を先に読んで問題文を読んでいました。だらだら読むより、聞かれていることを念頭に置いてポ … ここに参上!中学受験対策!国語解決マン!今回は、文章問題を解いている最中の設問を読むタイミングをテーマに書きます。。中学受験の国語の解き方として、参考書などには「設問を先に読むべき」派と「本文を一通り読んでから問題に取り組むべき」派に分かれます。