行政書士の業務範囲 (行政書士は、法律職ではありません。) 行政書士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行います (ただし、他の法律で業務が制限されているものについては、業務できません) 1: 役所に提出する許認可等の申請書類の作成: 2 リスクを理解した上で、自己責任で依頼をされるのは法律上は違法とはならないと思います。(違法なら、契約書作成の参考書籍自体も意味がないと思います) 業務委託契約ですので、発注者と受注者の当時者間での契約交渉ですから。 当時者同士が同意するなら、当然自己責任になると思い� 行政書士業務委任契約書 委任者 を甲、受任者行政書士 を乙として、甲乙間において下記のとおり行政書士業務委任契約を締結する。 (業務の委任及び受任) 第1条 甲は乙に、下記業務を委任し、乙はこれ … ある程度紙にまとめればいい場合→経済的理由から行政書士. 完全な契約書を作りたい場合→経験のあるもの+依頼した専門家に意見書を書かせる(「この契約書は〇〇の条件では問題ないことを保証します」などの一筆をいれさせる。これにより問題が起こった時にその専門家に損害賠償でき� 交通事故に関する手続、土地、建物等の賃貸借や金銭の消費貸借等の契約書類の作成を行います。 case3 自動車登録. 行政書士は遺言書作成の支援、遺産相続においては遺産分割協議書等の作成、相続財産の調査もお引き受けします。 case2 契約書. 自分で契約書を作成するのが苦手、時間もないという方もいらっしゃるでしょう。 そのような場合は、契約書作成の専門家(行政書士)に依頼してはいかがでしょうか。 依頼してでも、契約書を作成・交付することには意味がありますし、価値があります。