設定ファイルを編集するタイプ ※個人的には古いと言われても再起動後も設定が残るこの方法が好きです。 静的IPアドレスを設定するファイルは、Debian系とRedHat系で異なります。 Debian系(Ubuntu,Raspbian等) ※RaspbianのJessieからはこの方法ではうまくいきません。 device = eth1 #デバイス名 bootproto = static #固定ipを指定 onboot = yes #マシン起動時にnicを有効化する ipaddr = 192.168.1.10 netmask = 255.255.255.0 gatewway = 192.168.1.1 #ルータのアドレス.. IPアドレスを一時的に変更できるコマンドとしてifconfigコマンドがあります。ifconfigコマンドでIPアドレスの変更を行った場合、サーバーマシンの再起動後は自動的に設定は無効となります。コマンドの形式は、「ifconfig インターフェイス名 IPアドレス」です。 今回、 CentOS Linux 7.3.1611; Kernel version 3.10.0-514.el7; VMware仮想マシン環境でで確認しました。 結論、一つのNICへの2つ目のIPアドレス設定は”IPADD1” ipアドレスを変更する前に試してみたり、一時的にipアドレスを設定したいときには次のコマンドを …

前提条件・環境.

現在ifcfg-eth0:?形式が有効であっても、今後yumでアップデートが行われた際に、IPエイリアスの設定が適用されなくなる可能性がありますので、現在ifcfg-eth0:?の形式でIPエイリアスを管理している場合は、速やかに新しい形式に移行することをお勧めします。 ipアドレスが変更されるのでターミナルの再接続が必要になります。 一時的にipアドレスを設定する方法. これでipアドレスの取得方法が固定されて192.168.1.55のipアドレスを常に持つようになります。 設定をしたら後はネットワークの再起動をします。 ネットワークの再起動は以下のコマンドで行います。 一時的にIPアドレスを変更(ip addr add) 一時的にIPアドレスを変更する方法になります。 OSもしくはネットワークを再起動してしまうと元に戻ってしまいますが、何らかの検証作業で必要になることがあります。 一時的に設定を試したい時なんかは役立ちます。