イチゴを栽培していると、病気にかかることがあります。 今回はイチゴの病気大全として、家庭菜園で栽培したときに発生しやすい病気の種類を症状別に解説していきます。 もくじ(タッチすると移動します)1 うどんこ病2 灰色かび病・・・

今は元気な「章姫」と「あまおうJr.」ですが、昨年の経験から暖かくなるとうどんこ病になることは確実です。対策を色々調べた結果、現代農業に「えひめAI」でうどんこ病を抑えたという記事があったので、ゆずちゃん家でも実践してみようと思います。 うどんこ病. 家庭菜園にチャレンジし始めると、いろんな喜びがあり、小さなトラブルも発生します。最初にぶつかる植物の病気が、うどんこ病です。実感としては、うどんこ病は、夏に育つ野菜やお花に、多い病気です。そして、プランター栽培よりも水耕栽培で、高頻度で発生 イチゴの萎黄病(イオウ病)対策 検証ポイント イチゴの栽培で、最大のポイントとして挙げられる病害の一つが萎黄病(イオウ病)でしょう。 育苗中に萎黄病が見つかるならばいざ知らず、本圃に萎黄病を持ちこんでしまった場合は大変です。

よく知られているうどんこ病対策としては畑の水はけや通風をよくし、特にウリ科、マメ科、イチゴといったうどんこ病が発生しやすい野菜や前年度に被害が発生した野菜については予防的に早い時期から農薬を散布する方法があります。 小麦粉のような灰白色から白色の粉状のかびが発生する病気。イチゴの葉裏や実を覆い、光合成を阻害、生育に被害を招きます。 イチゴの残渣(ざんさ)※で越冬し、18~25℃の温度でよく発生しますが、露地栽培ではあまり見られません。

限られたスペース(培地)のなかで、必死に働くイチゴを応援する。微生物の仕事は偉大です。こういった微生物の働きを見ていると、バランスを整えるということがいかに大切なことか、気づかされます。これからのイチゴ栽培は、萎黄病対策なくしては継続できません。 うどんこ病とは名前の通り、葉っぱの表面に白いカビが生える病気です。うどん粉をまぶしたような姿になることから名付けられました。 乾燥した時期に発生しやすく、放っておくと育てている植物を弱らせてしまうので、早期発見・早期対処が大切になってきます。 イチゴうどんこ病の発生状況と防除対策について(技術情報) 平成15年1月30日 熊本県病害虫防除所 1 発生状況 1月中旬の発生状況は、平年よりやや多い状況である。これは、本県で栽培されてい