さつまいもの変色の原因と食べられるかの見極めを色ごとに解説します。また、変色の主な原因であるヤラピンとクロロゲン酸、低温障害を挙げ、それらを防止する方法を伝えます。見た目もおいしいさつまいもを楽しみましょう。 秋と言えば食欲の秋ですね。そして、食欲の秋に食べたくなるのがサツマイモです。焼いても、揚げても、蒸かしてもおいしいサツマイモですが、少し置いておくとカビが生えてしまうことありませんか?でも困ったことに、さつまいもって放っておくとすぐにカビが 質問です。購入したさつまいもをそろそろ食べようと思ったら、両端部分に青かびが発生していました。その部分を切り落としてみると中身は黄色で問題ないようです。蒸してみましたが、見た目にはまったく問題ありません。あとで食べようと 重曹に水を加えてシャーベット状にします。 このとき、水と重曹を1:2の割合で混ぜます。 量はそれぞれアクセサリーなどの小さいものなら少量、蛇口など大きめなものには水を大さじ1杯、重曹を大さじ2杯くらいで構いません。 さつまいもは、天ぷらからスイーツまで使える万能食材! ですがさつまいもを切った時に中が黒くなっていたことありませんか? また切った後に黒くなってしまうと腐ってしまったのか心配です。 そこでこの記事では、さつ … さつまいものベタベタした白い汁や黒いネチャネチャ(アク・シブ)をすっきり短時間で落としたいですよね。 重曹や石鹸だけじゃなかなか落ちないです。灯油なんて家にないし、ましてペーパーで拭こうものなら紙と絡まって余計に汚れがひどくなります。 1、さつまいもの変色の原因はポリフェノールで、それが酸化して「黒」くなる。 2、そのポリフェノール中のクロロゲン酸がアルカリ食品や重曹と反応して「緑」に変色。 3、低温障害やカビによって全体が傷んできて「黒っぽく」なる。