sbi証券は12月23日から、株式委託手数料(アクティブプラン)について、現物・信用取引ともに、1日の約定代金合計額「10万円まで無料」から「50万円まで無料」に拡大する。 しかし、sbi証券では、50万円までの銘柄を買うと(売ると)アクティブプランが有利になります。 1日2回以上売買する投資家 取引金額が50万円を超えるときは、1日8回以上取引するとアクティブプランが有利になります。 現物取引におけるアクティブプランの手数料が多く表示されていますが、どうしてでしょうか?|よくあるご質問q&a|sbi証券 投資するならsbi証券。株、fx、投資信託、米国株式、債券、金、cfd、先物・オプション、ロボアド、確定拠出年金(ideco)、nisa(つみたてnisa)などインターネットで簡単にお取引できます。使いやすいチャートやアプリも充実。初心者にも安心の証券会社です。 ②アクティブプランを設定いただき、合計約定代金が50万円までのお取引 国内株式の手数料プランにて、「アクティブプラン」をご選択の方は、約定代金の合計が50万円までは手数料が無料となります。 投資するならsbi証券。株、fx、投資信託、米国株式、債券、金、cfd、先物・オプション、ロボアド、確定拠出年金(ideco)、nisa(つみたてnisa)などインターネットで簡単にお取引できます。使いやすいチャートやアプリも充実。初心者にも安心の証券会社です。 50万円で2回までならスタンダードプランの方がお得ですが、10万円で10回だとアクティブプランの方が得になります。 20万円で5回だとどうでしょうか。 sbi証券は今月23日よりアクティブプランによる売買では合計約定金額が50万円以下なら現物、信用とどちらも手数料が0円というプランを打ち出しました。 これにより私もプランをアクティブにかえてみま … sbi証券なら、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まるアクティブプランの50万円以下の手数料は、現物取引・信用取引ともに『0円』! 上場銘柄の9割以上が50万円以下でお取引可能な銘柄ですので、気軽に株式投資を始めてみませんか。 新アクティブプランとスタンダードプランの比較. sbi証券が 2019年12月23日から、株取引の手数料を一部改定します。1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるアクティブプランの手数料体系が変わります。アクティブプランでは、同日から、1日の約定代金合計額が50万円以下の場合、手数料は 一日に現物取引50万円+信用取引(制度)50万円+信用取引(一般)50万円までで、トータルで最大150万円までの手数料が無料になります。 50万円以下の株を中心に取引する人は、SBI証券のアクティブプランを最大限に活用して、これまでよりもっと積極的にトレードしたくなりますね! sbi証券では2019年12月23日からアクティブプランの手数料等が変更され、1日の約定代金の合計が50万円までは手数料が無料となります。無料化の範囲が従来から大幅に拡大されました。アクティブプランへの変更に先立って、優待クロスの視点から気になる諸点についてsbi証券に照会を行いました。 アクティブプランの手数料は、約定日当日は見積での約定代金に応じた手数料金額の一段階上の金額を拘束させていただいております。 したがって、約定代金合計が50万円以下であっても、約定日当日は一段階上の手数料(現物取引の場合838円、信用取引の場合524円)を拘束させていただきます。 sbi証券サイトより引用です。 50万円までアクティブプランは無料ですね!以前は10万円までしか無料ではなかったので殆どの株を買う上で手数料が必要で …