ホンダ新型フリードの内装はチープ!?インパネ周りの作りがユーザーには不評. フリードの内装(シートデザイン・インパネ周り・コックピット)を紹介。ホンダFreedは広い室内空間ながらもコンパクトで運転しやすい人気ミニバンで2019年10月の改良ではアウトドアスタイルのクロスターグレードも登場。フリードプラスは車中泊に便利でモデューロXは様々な快適機能を装備。 フリードの内装をカスタムしよう!車の車内はオーナーさんの性格が見えるという。人によって様々なアイテムを置いたり、パーツを変えたりして自分だけの車にしている。内装と言ってもカスタムする箇所はいっぱいある。
フリード出典:honda.co.jp そして、フリードとフリードプラスの一部グレードでは、グレーを基本とした内装色で、シートとドアトリムは、モカ・ベージュ・ブラックの3通りの仕様となって … 価格コムなどのレビューを見てみると、新型フリード及びフリードハイブリッドのインテリアの平均値は5.0点中の4.0を上回っています。ですが、内装に不満がある声は多いです。 こちらはHonda フリードの公式情報ページです。広いラゲッジスペースや選べる2列目シート&多彩なシートアレンジ、充実の収納などをチェックいただけます。
新型フリードの内装を大量画像でレビューです!内装色は3種類でオススメはモカ&ウォームガンメタですね。コックピット・インパネはホンダのミニバンらしいフラットなデザインで実用性高いです。室内空間は先代モデルよりリアルに数値上も広くなっています。 インテリア 最上段の画像は、フリード・プラスにマットレスを敷いた写真である。フルフラットといっても、フロア状に平坦にできなければ寝られたものじゃない。車中泊の経験者なら知っているだろう。その点、このクルマは真っ平らにでき […]