パソコン用ソフトウェア「Imaging Edge(イメージング エッジ)」と「PlayMemories Home(プレイメモリーズ ホーム)」を使用して、インターバル撮影した画像からタイムラプス動画が作成できます。高画素で撮影すれば4K動画制作も可能です。 ヒント. パソコン用ソフトウェア「Imaging Edge(イメージング エッジ)」を使ったリモート撮影に対応。パソコンの画面上でライブビューを確認しながら、緻(ち)密なフォーカス調整や、オーバーレイ表示による構図調整が行えます。 Wi-Fi転送可能なMP4形式の動画については「Imaging Edge MobileでスマートフォンにWi-Fi転送できる画像のファイル形式と保存先」をご覧ください。 対応カメラで撮影したHQモード(縦方向の解像度が1080ピクセル以上)の動画を、iPhone4に転送した場合 SONYは、αや一部のサイバーショット向けのPC向けアプリ「Imaging Edge」シリーズを大幅強化すると発表しました。 現在展開しているスマホアプリ「PlayMemories Mobile」は終了となり、新アプリ「Imaging Edge Mobile」を3月頃に提供。 ファームウェアを5.0(3月予定)にアップデートした「α9」と組 … これらの画像をImaging Edge( Viewer )で合成することで、通常の撮影では実現できない高解像の画像を生成します。美術品や建築物などの静止物を撮影する場合に効果的です。 ソニー製 RAW現像ソフト「Imaging Edge」など、、、とある(※)アプリの画面で、文字が異常なほど小さくなり、「読めない」。写真情報などもそうだが、アプリ自体のメニューの文字なんかも、強烈 … Imaging Edge(Remote)を使わずに [ピクセルシフトマルチ撮影] を行うこともできます。 MENU → ( 撮影設定1 )→ [ピクセルシフトマルチ撮影] で撮影間隔を設定して撮影してください。 撮影された4枚のRAW画像をパソコンに取り込んで、Imaging Edge(Viewer)を使って合成できます。