For Nextステートメントの文法 エクセルVBAのFor Each~Nextステートメントについて解説しています。For Each~Next文はコレクションや配列に対して一括して同じ処理を繰り返す場合に利用されます。本コンテンツはVBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイトです。 ループが終了すると、変数totalは 2、4、6、8、および 10 を合計した値になります。 Next フォーネクスト 今回は奇数でしたが、偶数の時はどうしたらいいのでしょうか? もうお分かりですよね!たぶん! 答えは For フォーネクスト = 2 To 5 Step 2 というように1から始めずに、2から始めればいいんですね。 エクセルマクロVBAでは、ForNext文を頻繁に使います。 実際、このFor next文を自在に使えるとマクロの幅がグッと広がります。 そこで、VBAでの自動化に必須であるForNext文について、事例を使って解説をしていきます。 VBAのForNext文とは ForNext文1|VBAでの繰り返しの基本形 事例1|… 基本的には上の2つを覚えたら大抵の処理には対応出来ます。 2.For~Next For〜Nextの使い方. VBAで繰り返し処理を使うには(For Next) 繰り返し処理は何度も似たようなことをするときに、それらを一気呵成に処理してしまいたいときに使います。Excel VBAには何種類かの繰り返し処理がありますが、 ここでは For Nextステートメント をご紹介します。.
For 文では 「Next x」の書くことによって自動的に x が 1 増加したが、 While 文では自分で x を増やさねばならない。(「x = x + 2」の行) x = x + 2 を記述しないと、プログラムが無限ループに入って 終了しなくなってしまう。 そういう場合はキーボードにて 転記先は「vbaサンプル」というブックのa列の2行目以降ですが、このブックは1レコードにつき2行必要なため、転記する際は1行飛ばしの偶数行に転記が必要になります。 今回はこの条件でvbaを記述していきます。 コードサンプル Excel VBAで便利なループ処理はネスト(入れ子)にすることで複雑な処理を行なうことが可能です。 今回はFor Nextステートメントでループ処理をネスト(入れ子)する方法について解説していきます。 VBAのFor文の同時加算についてです。 変数iとjがあったとして、Cells(i, j)を(1,1),(2,2),(3,3),,,,と同時に加算する方法はありますか? 例えば、なんのプログラムでもありませんが、 For i = 1 To 10 For j = 1 To 10 Cells(i, j) Next j Next i Next i これは、すなわち「1重のループ処理」です。 なので、今回勉強する「2重ループ処理」というものは、 For j = 1 To 10 データ設定 For i = 1 To 10 ある処理 Next i Next j と、このような形になります。 Stepに整数でなく実数を指定することもできますが、 開始値と終了値の値の指定には注意が必要です。. VBAの繰り返し処理としては、ForNextまたはDoLoop この二つを最初に学んだのではないでしょうか。プログラムにおける繰り返し処理は、基本中の基本です。特に使用頻度の高いForNextを重点的に学んでいることと思いますが、書き方、使い方は、いくつかのパターンがあります。 個人的にはこの「 For~Next 」を一番利用していると思います。 「 For~Next 」は「 For 変数 = 開始値 To 終了値 Step 増減数」と記述します。
Forループで、キーワードStepを使用すると、指定した値でカウンタ変数を増減できます。. 次の例では、ループを繰り返すごとにカウンタ変数 j の値は 0.1 ずつ増えていきます。. 4.2.2 カウンター変数を使って、処理を変える; 5 5. Next statement を使用して、0から9までの数値の10個のインスタンスを含む文字列を作成します。 各文字列は、1つのスペースで区切られています。 This example uses the For...Next statement to create a string that contains 10 instances of the numbers 0 through 9, each string separated from the other by a … 次の例では、ループを繰り返すごとにカウンタ変数 j の値は 2 ずつ加算されます。. どういう場面でFor~Nextを使えばいいの? 5.1 例1:単価×数量=金額. For Nextと同じループ処理を行いますが、大きな違いとしてFor Next の場合は、繰り返す数値を指定した数で繰り返します。 For Each Nextの場合は、同じループ処理ですが繰り返す回数は、コレクションと呼ばれる範囲(例:セルA1~A10)などを指定して繰り返す回数が決まります。 よねさんのWordとExcelの小部屋|Excel(エクセル)講座の総目次|Excel(エクセル) VBA入門:目次|繰り返し処理(For~Next,Do~Loop) PageViewCounter Since2006/2/27