atfの粘度や摩擦特性に敏感です。 ですから、「汚れが激しい」「低品質」「不適切なグレード」のatfを使用した場合、 故障の原因となります。 では、オートマチックが故障するほとんどの原因である、 「滑り」とは一体どういった症状なのでしょうか。 劣化したATFを使用し続けますと故障の原因になりますからやはり交換したほうがいいです。 今の距離なら交換リスクは少ないと思いますが交換の際は量販店などは避けマツダディーラーに依頼された方が良いと思います。 そんな重要な存在であるatミッションですが、故障の原因は車の使い方によるところが大きく、メンテナンスフリーで20万キロ走行しても問題ない場合もあれば、8万キロ程度の走行でも故障して交換する必要が出てくる場合もあります。 その原因のひとつが 「atfを交換すると故障の原因になる」と誤解されている人が多くいる ためです。 ネット上でも交換を勧めない情報が多く出回っており、誤った認識が広まっているのが現状です。 ATF交換後に故障しましたがディーラーがそれが原因ではないと認めないので検査に出したが原因不明でした。ディーラーに責任をとらせる事はできないのでしょうか? 法律的な事を言いますと、民 … こんばんは以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。またまた、故障しました。トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。が、その 「では、この段階でatf交換をすればいいのでは?」 といった事もお客様に言われますが、汚れきったatfを交換するとそれが原因で故障してしまうケースがあり、基本的に交換不可。 その結果、atfを理由に車の買い替えを勧めることになります。 車検ではATFを交換しなければ故障の原因となるのか? 公開日 : 2015年7月23日 / 更新日 : 2016年3月21日