Aquos sense3は広角カメラが付いているのが売りだった。ただし、魚眼気味でハッキリ言って綺麗に撮れるものではない。 Aquos sense3 plusでは魚眼は解消されている。また、動画撮影時には手振れ補正が加わっている。カメラはマシになっている。 SHARPからSIMフリーのAndroidスマホ「AQUOS sense3 plus SH-M11」が発表されました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解 … AQUOS sense3 plus SH-M11 は、SH-M07(AQUOS sense plus)以来となるsense plusシリーズです。 同じ「sense」の名前がつく sense lite や sense と比べると、スペックは高めに設定されています。 シャープの「AQUOS sense3」シリーズでは最上位モデルとなる「AQUOS sense3 Plus」。その先陣を切って2019年12月12日に発売されたau版「AQUOS sense3 Plus サウンド SHV46」を使い、「AQUOS sense3」との違いに注目しつつレビューを行った。 シャープ AQUOS sense3 plusを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・携帯性・レスポンスなど気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 AQUOS sense3 レビュー・評価:まとめ AQUOS sense3. 第2世代 AQUOS sense 2 SH-01Lのスコアは89,000点であるのに対して、 AQUOS sense3 SH-02Mは11万点を超える数値 を出しています。 スコアの内訳ではCPUもGPUも大きくスコアが増えており、高速な処理が要求されるゲームの動作に関わる部分が変わっていることが確認出来ます。 DSDV対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense3 plus」の価格やスペックをレビューしています。大容量のバッテリー・メモリを搭載しており、デュアルカメラにはAIが対応されているのでワンタッチでプロ級の写真撮影ができます。機種変更や乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてください。 AQUOS sense3 plusは、使い勝手の良さとともに、コストパフォーマンスの高さもメリットです。 バランスの良い性能を持ったスマホが4万円台 で購入できるところに大きな魅力があります。 AQUOS sense3は5.5インチのディスプレイを搭載したスマホ。いたって普通のスマートフォンですが、約3.1万円で購入できるコストパフォーマンスに優れた機種となっています。 2019年12月に発売されたスマートフォンのAQUOS sense3 plus(アクオス・センス・スリー・プラス)の実機レビュー・評価をします。 目次 1 今回レビューする製品2 AQUOS sense3 plusのオススメポイ …