④「プリセット」をク 先日までに、ショートコードの基本と自己完結型の記事を書きました。 今回は、囲み型のショートコードを作成していきます。 Contents1 囲み型のショートコードとは?1.1 自己完結型1 スワロー(ワードプレスのテーマ)の使い方を紹介した記事になります。 私も愛用しているテーマ『スワロー』はopencageが開発しているテーマ の一つです。スワローをはじめ、opencageのテーマの良いところは、ショートコードが充実しているというところ。

プラグインをインストールし、記事内にショートコードを挿入するだけで、 簡単に「アコーディオン・ボックス(枠)」の挿入が可能です。 Shortcodes Ultimate は「アコーディオン・ボックス(枠)」以外にも、 「記事カラムの分割」「リンクボタン」など、様々なカスタムが可能です。 この記事を読むと以下のことが分かります。 こんにちは。WordPressテーマの【SWALLOW】に実装されているショートコードを使えばブログを書くのがグッと楽になります。スワローを使用していてまだショートコードを十分に使いこなせていない方はぜひ参考にしてみてください。 ショートコードをつかって簡単に写真の横に文字が配置できると知り、さっそくやってみました。 まずは、記事入力画面の上部にある「ショートコードを挿入」ボタンをクリック。 出てきたボックスの中の … ワードプレスのテーマに「STORK(ストーク)」を使ってるので、使い勝手のいいショートコードをメモ代わりに・・・あるていど、色を変えたりもできます。(例:コード中のyellow→red)Widget内でも利用可能です。「ボタン」「ボックス」「ふきだし」「リンク」「2・3カラム」などなど! WordPressのショートコードで、数件の新着記事をサムネイル画像つきで表示する機能の実装を進めています。今回は、投稿記事の抜粋そしてリンク付きの投稿の作成者も追加で表示してみたいと思います。 Shortcodes Ultimateは、50以上のデザインパーツを利用して記事を装飾できるWordPressプラグインです。ショートコードを利用してブログの記事を装飾できます。 プラグインを有効化すると、記事を編集 … 全日本そんなとこで引っ掛かるやつおる?選手権ベスト8のぽとりです。 WordPressテーマJIN の投稿画面で、ボックスデザインのショートコードを使おうとしたら、何度やってもコードがそのまま表示されてしまって、途方に暮れておりました。. 記事内に定型文や広告のコードを挿入したい時などに活用できます。functions.phpに以下のコードを記述。return にはお好みのテキストやコードを書きます。以下はFacebookのLikeボックスをショートコードで表示できるようにする例です。 ①投稿記事で使いたい機能をいれる場所にカーソルを置く⇒「ショートコードの挿入」をクリック. ③設定が表示されたら必要項目を選択あるいは入力してプレビューで確認. ②一覧から使用するショートコードを選択、クリック. 「ショートコードを挿入」の中の「カルーセル」からメディアを指定できます!このようにすれば画像も簡単に指定できますね!自動再生の時間や画像の枚数なども自由に指定できるので、ぜひ挑戦して見てくださいね! 要約などを入れるボックスの実装. 基本的なショートコードの利用のしかた . ショートコードとは? ショートコードとは、あらかじめfunction.phpに書いた関数をブラケット([])という囲みで囲った短いコードで呼び出せるとても便利な機能です。ショートコードは管理画面のエディタの「ビジュアル」でも「テキスト」でもどちらでも使うことができます。 WordPressのテーマSTORK には、便利でおしゃれな「ショートコード」がたくさん用意されています。 例えば、「吹き出し」や 「見出し付きボックス」と「リンクカード」を組み合わせたりすることもできます。 こういったパーツは配置するだけで、ブログ全体が華やかになりますよね!