1)非定形用紙を登録する方法を手順[1]~[6]に示します。 [1] [スタート] メニューの [設定] から、 [プリンタ] をクリックし、使用するプリンターのプロパティダイアログボックスを表示します。 [2] [初期設定]タブをクリックします。 次に、機種別の特性です。プリンタ機種は複合機、又はレーザープリンタをお薦めいたします。 熱をかけて焼き付けて居ますので、その点も安心です。 (1)複合機の場合 そのプリンタの仕様で、定形外印刷サイズ「ユーザ定義用紙」が Windows 7では、[デバイスとプリンター]フォルダでプリンタを選択し、[プリントサーバープロパティ]から開かれる、[プリントサーバーのプロパティ]ダイアログボックスの[用紙]タブで、定形外サイズを設定してください。 定形外の用紙サイズを一時的に設定する: プリンタドライバで一時的に設定するサイズのため、アプリケーションソフトを終了した時点で無効になります。定形外の用紙の設定を常に使用したい場合は、プリンタドライバに登録することをお勧めします。

[幅(w)]は送り状の用紙幅以上でプリンタの設定できる最大用紙幅までを設定します。 ※136桁を印刷できるドットプリンタの場合は15インチで入力します。 [高さ(h)]は必ず、送り状用紙の高さを入力します。 余白は全て0インチを入力します。 最安価格(税込):44,316円 価格.com売れ筋ランキング:58位 満足度レビュー:3.98(27人) クチコミ:429件 (※5月31日時点) 定形外の原稿サイズの設定方法については、「定形外の原稿サイズを設定する」を参照してください。 プリンタにセットできる用紙のサイズについては、プリンタ本体の製品マニュアルを参照してください。 不定形サイズの用紙に印刷するには、以下の手順で行ってください。 1.プリンタドライバ側で不定形サイズの用紙を作成します。 ※下記は、WindowsVista の画面を例に説明しています。 (1)「スタート」→「プリンタ」よりプリンタフォルダを開きます。

6 [給紙トレイ別用紙設定] をクリックします。 7 [用紙種類] から用紙の種類を選び、[ok] をクリックします。 8 [ok] をクリックします。 9 [印刷] をクリックします。 10 印刷面を下向きにして、不定形サイズの用紙を手差しトレイにセットします。 不定形サイズの設定ができないアプリケーションでは印刷できません。 Windows 95/98/Me、Windows 2000 SP4 以降、Windows XP、Windows Server 2003、Windows NT 4.0 の場合、アプリケーションから開いた設定画面では登録できません。