先日、予土(よど)線に乗車しました。予土線とは、列車運行上で言えば、宇和島駅と窪川駅を結ぶ四国旅客鉄道(JR四国)の路線です。画像は、窪川駅です。この駅から予土線に乗車しました。窪川(くぼかわ)駅は、昭和26年に国鉄土讃本線の駅として開業しました。 東三条から、弥彦線の旅の始まりです。 最初に乗った弥彦線の列車は、長野色とキムワイプ色が併結された. おもしろローカル線の旅48 〜〜jr東日本 越後線(新潟県)〜〜jr越後線は新潟県の柏崎駅と新潟駅を結ぶ。かつて直流電化区間を多く走っていた近距離用の115系。この国鉄形電車が、jr東日本の管内で唯一残る最後の“聖地”となりつつあり、近年、鉄道ファンが多く訪れるようになっている。 八高線では1両編成での運転は今のところない。そのため、確実にトイレ有の仕様が来る。 非電化区間でトイレ無しの車両が走っていない理由としては、八高線そのものの路線距離が長く、しかも本数が1時間に1本程度とかなり少ないからと思われる。 (越後線、信越本線を基準にした場合の)新潟寄り先頭車にはトイレが設けられています。 リニューアル車ではトイレ隣の3人がけ優先席を撤去してフリースペースとしていますが、こちらは非リニューアル車なのでそのまま残っているのが特徴です。 越後交通 長岡線を訪ねてを訪ねて 栃尾線 廃止鉄道ノート北陸・甲信越 減速進行 地区: 新潟県長岡市 区間:来迎寺~西長岡~寺泊 / 39.2km 軌間:1067mm / 単線 動力:蒸気・内燃→電気 越後線 使用車両 以下に示す車両はいずれも新潟車両センター所属の電車である。現在の車両 2020年3月改正時点での運行車両 2014年7月改正時点での運行車両115系 - n編成が全線で運用されており、1往 …

烏山線 宇都宮〜烏 山 Ev-E301系 8 羽越本線 新 津〜村 上 E129系 160 白新線 新 潟〜新発田 信越本線 直江津〜新 潟 上越線 水 上〜宮 内 越後線 柏 崎〜新 潟 男鹿線 秋 田〜男 鹿 Ev-E801系 2 (2017年3月31日 … 越後線 は新潟駅を出ると、 高架化 された 複線構造 の線路を 上越新幹線 の線路に沿う形で進んでいきます。 地平部へ下りる辺りに留置線への分岐があり( )、 信濃川 を渡る手前で 単線構造 に変わります( … 本日の駅紹介は越後線・関屋駅。白山駅はこちらへ← →青山駅はこちらへ新潟県新潟市中央区に所在する有人駅で、開業は大正2年(1913年)11月15日。当時の越後鉄道・白山-西吉田(現・吉田)間開業(1912年8月)後、一年余りを経ての駅開業で、開業時の所在も市街地拡大以前の新潟市でした。 越後石山周辺の駐車場を一覧でご紹介。越後石山からの距離や、駐車場の料金・満車空車情報・営業時間・車両制限情報・収容台数・住所を一覧で掲載。地図で位置を確認したり、グルメや不動産などの周辺検索も可能です 6両編成の115系でしたが、私は長野色のN35編成のほうに乗りました。 吉田からは、E127系のV13編成に乗って弥彦へ向かいます。 jr横浜線や南武線の車両ではすべての列車でトイレが全く付いていない。理由としては、近距離電車かつ運行本数が多い都市型の路線であることが挙げられる。御手洗の設備の費用対効果が低い。