自閉症スペクトラムの軽度知的障害と診断された3歳の頃の息子の特徴・様子、3歳半まで言葉が出なかった息子が喋れるようになった方法や、利用した療育についてまとめています。 つまり 自閉症スペクトラム(アスペルガー)軽度の人は、生きずらいけど生活はできるレベル になります。 しかし重度の人は生きずらいを通りこして、 仕事をクビになったり、二次障害であるうつ病、パニック障害、自律神経失調症のせいで、 学習障害のために知的能力が通常より低い場合を精神遅滞といいますが、軽度自閉症の場合は、社会生活をある程度送れるため、発見が遅れることもあります。 スポンサーリンク 軽い自閉症の治療法は 原因が不明なことが多いため完治することは難しく、社会生活を送る上での問題を軽くする 女性で軽度の自閉症スペクトラムな人は、普通の人よりもちょっとした生き辛さを感じています。そのちょっとの違いがアスペルガー症候群なのですが、社会生活がギリギリ出来るのが軽度。辛くてもなんとか生活が出来ているアスペルガーは沢山いるのです。 そもそも「自閉症スペクトラム」ってどんなもの? 「自閉症スペクトラム」 とは、脳のどこかに先天的な機能障害があることで、生活の中にさまざまな困難が生じてしまう「発達障害」のひとつ。 英語名の「Autism Spectrum Disorder」から「ASD」と呼ばれることもあります。

自閉症スペクトラム障害の症状は?幼児期でも現れる? 自閉症スペクトラム障害の場合、多くに知的障害があり、言語発達にも遅れが出やすく、話し出す時期が他の子供より遅かったり、変わった言葉遣いをしたりします。