「就職に強いのは工学部」「文学部は就職に不利らしい」という話をよく聞きますが、学部によって就活が有利、または不利になることがあるのでしょうか。今回は、学部による就職活動の不利・有利の意味を考えてみたいと思います。 ・「どの大学へ行けば就職に有利なの? など、最近の学生さんは将来をよく考えていて、卒業した後の就職先も気にしていますよね。 そこで今回は 建築学科の大学院卒で、建築の仕事に携わっている私 が、建築学科のある大学TOP5を、大学の特徴、就職先など含めて特集します。 その前に、就職の際の「学部の有利・不利」は全体的になくなっているということを断わっておきます。 大事なのは「どの大学を出たか」でも「どの学部を出たか」でもなく、「なぜ、なにを、どのように学んだか」です! 地方上級(都道府県庁等)公務員試験の合格者は、どんな学部の人が多いのか? 公務員試験に有利なのは、どのような学部の人なのか? 現役公務員が実体験をもとに詳しくお伝えします! 関東地方に住んでいます。MARCHと呼ばれるレベルの、偏差値55程度の大学群が志望校です。西洋の歴史に興味があるので、文学部の史学科に進学しようと思います。自分で調べた限りでは、企業に就職する場合、よく文学部は就職に不利 大学で就職に有利な学部と不利な学部とは具体的にどこを指すのか。文系と理系ではその難易度に大きな差が見られる。中途採用での転職にも影響を与える。 生徒からもよく聞かれるのが、 「就職に有利な学部はあるのか?」 ということ。将来の夢が定まっていない人にとっては、やはり就職のしやすさは気になるところですよね。今回は、就職に有利な学部・学科についてのお話です。 進路を迷っている高校生はぜひ見てみてください。 大学院卒と学部卒ではどちらが就職に有利なのでしょうか。このコラムでは大学院卒と学部卒でそれぞれ就活する際のメリットとデメリットについて解説します。学部在学中で就職か大学院進学で迷っている学生さんに読んでいただきたい記事です。 就職に強い大学ランキング 大学入試の偏差値の高さと就職の強さは必ずしも比例しない。有名難関大学卒の方が就職に有利であるのは明らかであるが、大学の偏差値がそこそこであっても就職時には非常に有利になる大学もあります。 皆さんは、どのような基準で志望校を決めていますか?「自分のしたい勉強ができるかどうか」など選ぶ理由は色々考えられますが、「就職で有利な大学かどうか」を基準にする方も多いのではないでしょうか。 今回は、その「就職に強い大学」を、武田塾がお教えします。 大学 部活 就職 有利 – 就職が有利な大学・学部はどこ? 大学で部活やサークルに所属しているなら、就活で活かしていくことをおすすめします。 なぜなら、体育会系の部活やサークルに入っていると特に就職先が決まりやすいというデータがあるのです。