実はリモートデスクトップ接続はユーザー名やパスワードを保存してくれるので、それほど問題では無いのですが、リモートデスクトップでは無くその端末(パソコン)で普通にログインするときもパスワードが必要になってしまうというのが問題なんですよね。 [リモートデスクトップ接続]を起動します。 2. [リモートデスクトップ接続]を起動します。 2. 1. 資格情報を保存したリモートデスクトップ接続を利用しても、パスワード入力を求められる場合には下記の記事で対応してください。 [オプション]をクリックしてから次のように入力します。 コンピュータ名: HDLM-G ユーザー名: Administrator パスワード: admin ドメイン: 空 パスワードを保存する: チェックします リモートデスクトップにて、パスワードを保存しているのに毎回パスワードを聞かれる場合の対処方法 pubdate: 2015-08-18 リモートデスクトップで他のpcにアクセスする際、 パスワードを入力して『資格情報を記憶する』にチェックをつければ、 次回からパスワードを入力せずともリモートが使える。 ・・・はずなのに! 毎回パスワードを聞かれる。 Windows10 では接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続することができます。通常は、リモートデスクトップを使用するたびに、毎回リモートデスクトップのアイコンをクリックし、接続先を入力して接続するのはとても手間がかかります。そんなと WindowsのProバージョンには、別のパソコン(クライアント)から操作出来る「リモートデスクトップ」のサーバ(ホスト)になる機能があります。ホスト側ではユーザアカウントにパスワードを設定しておかなければいけませんが、パスワード無しの場合 Windows 標準のリモートデスクトップソフト (mstsc.exe) で接続する際、接続先によってはパスワードが保存できず、接続する度にパスワードの入力が求められて、けっこう不便です。. リモートデスクトップの度にパスワード求められる場合の対応 HTLMのみのサーバ認証で保存された資格情報の委任を許可 「ファイル名を指定して実行」にて「gpedit.msc」と入力。 [ パスワードの保存を許可しない]の値については、[ 無効]に設定されていることを確認してください。 リモートデスクトップコネクタでマシンに接続する場合、[オプション]パネルを展開し、[資格情報の保存を許可する]がオンになっていることを確認します。

資格情報(パスワード)を求められた場合の対応. Windows 自動サインイン設定パソコンを使用しているとログイン時にパスワードの入力が面倒でパスワードを設定していないことがあると思います。パスワードは何かと必要になるのでなるべくパスワードを設定した方が良いと思います。パスワードを設定し

1. リモートコンピューターの id を完全に確認できないので、リモートコンピューター 192.168.1.22 へのログオンの保存された資格情報の使用は システム管理者により許可されていません。資格情報を入力して … [オプション]をクリックしてから次のように入力します。 コンピュータ名: HDLM-G ユーザー名: Administrator パスワード: admin ドメイン: 空 パスワードを保存する: チェックします