小細胞肺がんは化学療法が治療の中心ですが限局型の場合は放射線治療を併用します。 小細胞肺がんは脳への転移で再発することがかなりの頻度でみられるため、最初の治療で効果が十分に得られた場合は、脳への転移を防ぐために予防的全脳照射が行われます。

高齢化社会が進む日本にあって、高齢者のがん治療とは、どうあるべきなのか? なかには「もう年だから、がんの治療はしたくない」とおっしゃる方もいます。しかし、がん治療は必ずしも辛いものではありません。高齢者の方にこそ受けてほしい、放射線治療についてご説明します。
肺がんの治療方法は、手術、薬物治療、放射線治療に分けられます。ここでは、手術ができない症例はどのような症例か、手術ができない症例の生存率について説明します。

70歳以上の方が医療費が高額になったときに利用できる制度について説明しています。70歳~74歳の方には年収に応じた自己負担限度額が定められています。75歳以上の方には、後期高齢者医療制度があります。<がんを学ぶ ファイザー株式会社> 肺がんのステージ. やめたあとは・・・ 抗がん剤をやめるとなると、 その後の対処法が大切になります。 医師としては、三大療法以外の治療法はないので、何もしない、あるいは症状への対処療法 ということになります。 痛みがあれば痛み止め、熱があれば解熱剤です。


肺がんについて、特徴・分類・症状・原因・検診・検査方法・病期(ステージ)・生存率・治療法・再発・転移など様々な観点から解説します。肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものです。 肺がんの治療においてステージ(病期)は重要な要素です。 大まかに言って、i期(ステージ1)・ii期(ステージ2)・iii期(ステージ3)・iv期(ステージ4)の4つに区分されています。