労働基準法の有給休暇義務化ルールに違反した場合の罰則としては、会社や経営者に30万円以下の罰金が課されることになっています。 制度の対象となる従業員に対して有給休暇の取得を指定しなければ、会社として罰則を受けることになります。 有給休暇取得の義務化はいつから?企業の取るべき対応をチェック . vol. 国会で可決された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」。通称「働き方改革関連法案」には、時間外労働の上限規制やフレックスタイム制の見直しなど、盛りだくさんな内容になっています。 今年4月からの「働き方改革」で、パートも有給休暇の取得が義務化。守らない企業に罰金が科せられることも。そんな「働き方改革関連法」について、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれた――。 昨年6月に成 | 4月からパートに有給休暇を与えない会社は罰金30万円に 有給休暇5日取得義務化は、10日以上の有給休暇が付与される従業員がいる企業ならば、事業の規模に関わらず対象となります。もしこの義務に違反した場合は、労働基準法違反となり罰則の対象となります。 有給休暇5日取得義務を守れなかった場合の罰則. 有給休暇5日以上義務化の罰則は? 「30万円以下の罰金」 Σ( ̄  ̄|||) です。 具体的には? まだ2019年4月1日からなので、わかりませんが、人数で悪質かどうか判定する可能性は高いですよね。 1人でも5日未満がいれば最大30万円なのか、 有給休暇義務化はいつ?違反の罰則は? 来年の2019年4月1日から10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、毎年5日間、時季を指定して年次有給休暇を取得させることが義務付けられました。