新卒で会社に入ると誰もが経験する「新社会人あるある」を50個まとめました。ビジネス本を急に読み始めちゃう、お金(給料)の悩み、スーツファッションのルール、人間関係の不安など、アドバイス代わりにお読みください 社会人と接する際や、社会人として働く際に求められるマナーには、学生生活ではなかなか意識しないものが多い。初めて社会人の世界に飛び出す人はもちろん、日ごろ、アルバイトなどで社会人と接する機会が多い人も、ぜひここで紹介する最低限のマナーを理解し、再確認しよう! 挨拶の使い分けや、食事のマナー、冠婚葬祭の決まりごと.....。社会人ならば知っておきたい「大人の常識」。はじめは分からずとも、経験を重ねれば自然と身につくものですが、社会に出たばかりの頃はそのルールの多さに、戸惑った方も多いと思います。 オフィスワークに営業活動など社会人になってから、電話対応が難しいなと感じた人も多いのではないでしょうか。直接相手の態度や表情が見えませんから、余計に難しいですよね。そこで今回は電話対応のマナー … できるなら社会人マナー、ビジネスマナーの研修はせず、具体的な仕事について教えたいと、経営者・指導する上司は絶対思ってます。 ところが、高校では教えてくれないですよね。※高専や商業は別です … 上司・先輩になっても謙虚な姿勢は大事です。 4.「お世話になっております」 社外の人に対して、いつもこのフレーズを使っている人がいます。 初めてメールを送る相手や、まだ取引が始まっていない相手に「お世話になっております」は不自然です。 社会人にとってマナーを守ることは基本ですよね。服装といった身だしなみはもちろんのこと、相手との交渉をスムーズに進めるためにもビジネスマナーは大切な要素の一つです。そこで今回は、社会人であれば知っておかないと恥をかく、基本のビジネスマナーをお伝えします。 ここ数年の間に社会人となった皆さんは、新人研修の際に「snsの使い方に気を付けること。学生時代と同じと思っていてはダメだ」などと注意された覚えが多少なりともあるのでは。しかし、“なぜ?”にまで踏み込んで指導を受けた人は案外少ないと思います。