UiPath Activities はオートメーションプロジェクトのビルディングブロックです。これらによって、PDF、Excel、Word ドキュメントの読み取りやデータベースまたはターミナルとの連携から HTTP 要求の送信やユーザーイベントの監視まで、あらゆる種類のアクションを実行できます。 スナップショットの保存は増分ベースで行われるものの、最新のスナップショットさえあればボリュームを復元できるようにスナップショット削除プロセスは設計されています。 ここで、 database_snapshot_name は、削除するデータベース スナップショットの名前です。 Where database_snapshot_name is the name of the database snapshot to be dropped.
例 (Transact-SQL) Example (Transact-SQL) この例では、データベース スナップショット SalesSnapshot0600 を削除しま … スナップショットを削除すると、そのスナップショットはスナップショット マネージャから消去されます。スナップショット ファイルは、統合されてスナップショット ディスクに書き込まれ、仮想マシンのベース ディスクにマージされます。 無事、削除前の環境に戻っていることが確認できました。 スナップショットの削除. Skypeデスクトップを自動でバージョンアップ(Skype 12.9.604.0)されました。 アカウントも引き継がれず混乱しましたが、そこは元に戻せました。 スナップショットの撮影方法がわかりません。 以前のショートカットキーも使えなくなってます。 ヘルプも対応できていないようで、混乱してます。
VirtualBoxマネージャから「Delete」を押下するだけでスナップショットは削除できます。 なお、スナップショットを削除しても、現在稼働している仮想環境に影響はありません。