今回は、Photoshopで自動的に複雑なオブジェクトに選択範囲を設定する方法をご紹介します。「被写体を選択が自分の思い描いた場所を選択しない場合」や「クイック選択ツールの作業を時短させたい」という方は必見です。オブジェク

『Photoshop』の『クイック選択』ツールの基本的な使い方を紹介していきます。ドラッグやクリックすると『Photoshop』が境界線を自動で判断し、大まかな選択範囲を作成してくれます。手早く簡単に選択範囲を作成したい場合便利なツールになります。 選択範囲は各種ツールを使って決定していきます。 ツールに関しては基本的にはいままであった機能がまとめてあるので、一部省略させていただきます。 ここでは特にマスク範囲を決定する上で重要なツールのみ紹介します。 クイック選択ツール 1.ツール. 選択ツールで選択できない!? 例えば以下のようなグラフィックがあります。 ここで水色の を動かしたいときに 水色の のレイヤーを選んで、マウスを3つの丸の範囲内で動かそうとしても… うわあああぁぁぁ. と下にあるピンクの四角が動いてしまいます。 初心者からベテランまで、制作する内容に関わらずPhotoshopを使う上で避けて通れないのが「選択」。[なげなわツール]、[自動選択ツール]などの古くからあるツール、[ペンツール]でパスを描いた後に選択範囲にする定番のほか、実にたくさんの選択方法があります。