ヒューマログ(インスリンリスプロ)を皮下注射する際、注射部位はつまむのか?このページはヒューマログ(インスリンリスプロ)についてよくある質問とその回答を医療関係者の方に提供することを目的としています。

猫の糖尿病は、短期間で検査結果の数値が変化することもあり診断が難しい病気です。一度糖尿病になると完治は難しく、飼い主の負担も大きくなります。日頃から予防対策をしっかり行い、早期発見にも努めることができるよう、糖尿病についてをまとめました。 毎朝インスリン注射を打たなきゃなのら。 こんな痛いこと毎日してたら、嫌われるんじゃないかすら と、ガクブルですたが。 全然嫌がらない。 むしろ、注射器見せたら、喜んでやって来る。 その秘密は如何に!? 糖尿病疾患を持っていて、インスリン注射を行なっている猫が低血糖症を発症する場合は、ほとんどが注射するインスリン量の間違いによるものだといわれています。 猫の糖尿病の治療は、インスリンの投与が一般的ですが、それ以外にも餌を変える食事療法なども効果があると言われています。 では、どのような餌が猫の糖尿病の防止や改善に効果的なのでしょうか? というわけで、今回は、猫の糖尿病と餌の関係について、考えていきたいと思います。 注射の痛みを軽減するコツ 使用するインスリンは室温で保管する アルコール綿を使用する場合、アル コールが完全に乾いてから、注射する 毛根部への注射は避ける 短く、細い注射針を使用する 新しい注射針を使用する (毎回、針をかえる) 糖尿病を患っている猫の場合. 今日は ねねさんも記事にしていた在宅皮下点滴の方法(コツ?)を 記事にしてみたいと思いますといっても 過去にあたち様に在宅皮下点滴をしたのは2回のみで渾身の力… ねこに嫌われずに注射を打つコツ