(女性 39歳) そもそも病院自体がとても苦手です。 ましてや、 検査になると万が一何かがあれば怖くて仕方がない です。 年齢的にも健康診断、人間ドックを受けないといけない気持ちはあるものの、結果や手間などを考えると、どうしても足を運ぶことができないです。 女性は検診受診率が低い、なんとしても受けるべき検査は? バリウム検査で深刻事故多発 胃がん発見率も内視鏡の3分の1; 医者の「大丈夫です」を信じてはいけない、見逃し誤診を疑え; 全国251病院別「がん5年生存率ランキング100」 女性の30代前半に、発症のピークが重なる子宮頸がん。その検診を普及させるため、無料検診車を首都圏3カ所に派遣し、同時に子宮頸がんについて学ぶセミナーを開いて正しい知識を広めたいと思います。最終的には全国12カ所を巡回させることを目標にしています。 ここでは、健康診断や人間ドックを受けないという方々の理由や意見についてまとめています。今回は「あなたが健康診断や人間ドックを受けない理由について具体的に教えてください。」というアンケートを20名に実施してまとめました。参考にしてみて下さい。 人間ドックの年齢別ポイントをご紹介します!人間ドックといっても様々な検査内容があってよくわからない!そんなあなたのために、年齢別におすすめの人間ドックの検査内容をまとめました。悩んでいる方は是非チェックしてください。 妊娠中の女性が人間ドックを受けられないのは、万が一にも検査が胎児へ影響してしまうことを避けるためです。ただ、妊娠初期はどうしても不安になりがち。そこで、今回はなぜ妊婦は人間ドックを受けられないのかについて調べてみました。