山月記について質問です。 発狂したとあるが、なんでですか? あと夜露のためばかりでないとはどういうことか説明せよといわれたらなんと答えればいいですか? 結局李ちょうを虎にしたのは性情のせいですか? 中島敦の小説「山月記」の中で、李徴が詠んだ詩を袁傪は 「何処か欠けるところがある」と評しましたが、袁傪が感じたと言う「欠けている」ものとは何なのか。天才李徴の行動を辿りながら見ていきました。そこには天才過ぎたがゆえに人生を狂わせ …

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第71回。 今回は、高校現代文教科書の定番、 中島敦、『山月記』(1942)。 ⦅広告⦆クリックすると楽天市場へ 作者が伝えたかったことは何なのか… その創作意図 山月記の解説シリーズ第3回目となりました。 1回目では、李徴が虎になる理由を本文から拾いました。 今日は、李徴が虎になる3つの理由の二つ目「家族を省みない」「人間性の欠如」について、考えます。

中島敦『山月記』 たぶん誰もがタイトルくらいは知っている小説。国語の授業で習った人も多いと思う。万一タイトルでわからなくても、李徴が虎になるあらすじと、「その声は、我が友、李徴子ではないか?」の台詞くらいは耳にしたことがあるん … 3~4人の班をつくる。『山月記』の場面ごとに見出しを 付けたカードを班に1セットずつ配布し、本文を読みな がら班全員でカードを場面順に並べ替える。最後にどの ような順番になったのかを学級全員で共有する。仲間と協力して問題を

中島敦の『山月記』は、まさにこの「自意識」を抱え、「苦しみ」を抱く者を描いた古典です。 この主人公は、イヌやネコではなく「トラ」になってしまう訳なのですが、では「トラ」になることで、はたして苦しみから抜け出せるのでしょうか。