産婦人科(obstetrics and gynecology)に勤務する看護師に役立つ英語フレーズを診察編、妊娠編、出産編、出産後編に分けてまとめました。最下部に産婦人科で頻出の英単語・熟語もあります。【診察編】産婦人科(obstetric 日本語には"labor"のように、「労働」と「出産」の両方を含むことばは恐らくないでしょう。なので、英語的な考え方を示す一つとして、"labor"を覚えておくといいでしょう。 彼女は何時間も陣痛に苦しんだ ー She was in labor for hours.

“She was in labor”とはどのような意味ですか? “She was in labor” は、 「彼女はもうすぐ出産しようとしていた」、「陣痛を起こしていた」という意味です。 出産までに長い過程がありますね。2時間くらいでしょうか、長いときには半日を要します。 出産の英語 さいごに. もっと見る 陣痛が約45秒続きます。 ー My contractions last about forty-five seconds. labour 意味, 定義, labour は何か: 1. practical work, especially when it involves hard physical effort: 2. workers, especially people…. Labor did not regain office until 1929, and then only for a three-year period. 英語を勉強中の妊婦さんや海外での出産を控える妊娠中の女性のために、私が妊娠中によく使った英語と英会話フレーズを「妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期」に分けてまとめてみました。妊娠中の英語力アップに、ぜひ役立ててください!

出産時の苦しみが始まる状態 - edr日英対訳辞書 a woman during pregnancy or shortly after childbirth 例文帳に追加 妊娠中や出産前後の婦人 - EDR日英対訳辞書 "labor"というと「仕事」や「労働」がまず頭に浮かぶ人が多いと思いますが、実は「陣痛」という意味もあるのです。陣痛・出産も立派な重労働です!! 一方、"contraction(s)"も筋肉や子宮の「収縮」という意味で陣痛のことを指します。 <例文> I'm going into labor. 「陣痛」が英語で「Labor pains」か「Labor」と言います。「Contractions」も言えます。 例文: 陣痛が始まりました。 ー My labor has started. 言葉も医療のシステムも異なるアメリカでの出産。このページでは出産に関する英語や、アメリカでの出産時・出産後に必要な情報をご紹介します。妊娠全般について取り上げた「アメリカでの妊娠・出産」と併せてご覧く 出産の話になると、「予定日はいつか」という話に始まって、「立ち合い出産はするのか」など色々なテーマに話がつながるものです。それらの表現もぜひ英語で伝えられるようにしたいもの。そんな出産にまつわる英単語をご紹介したいと思います。 今回は出産に関する英語をご紹介しました。 出産前から出産後までいろんな英語表現がありましたね。 中にはあまり聞き慣れない難しい用語もありましたが、少しずつ覚えて英単語の幅を広げていけるといいですね。 というふうにbreakを動詞で使うのが普通のようですね。うむ、破水はイメージそのままの英語ですね。 laborは「仕事・労働」のイメージが強いのですが、やっぱり出産は大仕事という感覚が世界共通だから「陣痛」もlaborなんでしょうか。 deliver(デリバー)も意味が多くある動詞で、一般的には「配達する」として知られますが、同じぐらい「出産する」の意味でも登場します。この意味を知らないと完全に読み違える要素のある単語です。名詞が「delivery(デリバリー)」でカタカナでもおなじみの「配送、配達」を表す名詞です。