離婚相談はズバリ!弁護士にお願いしましょう!その他公的文書作成は他でもokです .

司法書士にも離婚について依頼することはできます。離婚をする際、法律の専門家に依頼をするのなら、弁護士と司法書士どちらが良いのでしょうか?実際に、司法書士とは何なのか、離婚でどう活躍するのか、良く分からないという人も多いですよね。 行政書士や司法書士、そして弁護士とあるけれど、離婚相談は誰にお願いしたらいい? 離婚分野に得意な弁護士さんにお願いしましょう。 離婚の問題、一体だれに相談したら良いのでしょう?信頼できる友人や両親に相談する事もあるでしょうし、離婚を考えている相手に相談をすべき時もあるでしょう。こちらでは離婚を法律的に解決する事に焦点を絞り、弁護士または行政書士のどちらに相談すべきかをご案内いたします。 弁護士・司法書士・行政書士の違いや役割を知ろう 公開日:2020/01/01 最終更新日:2020/01/22 一般の人は法律知識を十分に持っていることが少ないので、日常生活などで法的な問題が発生した場合には法律関係の 専門家に相談をすることが必要 になります。 行政書士・司法書士・弁護士の違いが、一般の方にはなかなかわかりにくいかと思います。実際に、行政書士や司法書士の業務として認められている業務はどこまでなのか、線を引くのがむずかしいことは … 離婚する時には、財産や親権などについて、配偶者との話し合いが必要不可欠です。そして、後で言った言わないの水掛け論を防ぐために『離婚協議書』を作る方も増えてきました。これは専門家に依頼すると、いくらくらいかかるものなのでしょうか?

司法書士が代理できる範囲は、債権額で140万円以下であり、かつ、簡易裁判所管轄のものに限られます。140万円以上の事件については、和解・交渉はおろか法律相談も出来ません。行政書士は一切の代理行為が認めれず、法律相談も一切出来ません。