毎日着るスーツは、 社会人の大切な戦闘服 ですよね。 「スーツは消耗品だ」なんて言う人もいますが、せっかく買ったスーツを大切に使うために、お直しでできることもたくさんあります。 スーツの穴を直す手順. ジーンズリペア、デニムリペア、裾上げ、穴や破れの修理、補修、裾アタリ出し加工、洋服のお直しの専門店です。どんな状態でも歓迎です。ユニオンスペシャル43200gでのチェーンステッチ、店頭受付の他に郵送でも承っております。お気軽にご相談ください。 スーツ、パンツの股下の破れ修理専門。東京都世田谷から全国にお届け。豊富な修理事例と明確な料金を掲載。実店舗は東京都世田谷区で営業中。精密なミシン技術で丁寧に仕上げます。スーツ・パンツの豊富な修理事例を是非ご覧下さい。 大きく穴があいている場合は穴をふさぐ為の共布が必要になりますね。 『アイロン接着補修布』は表面はツルツルですが裏面は接着剤がついていてザラザラとしています。 補修個所より少し大きめにハサミ … こちらは穴がいてしまったときに有効な補修方法になります。 ところで、スーツの共布はお持ちでしょうか。 裾直し後にいっしょにもらっているはずのアレです。 せっかく買ったスーツ。お直しであなただけの大切なパートナーに. スーツは高価なので、小さい虫食いであれば自力で補修して大事に着続けましょう。 「かけつぎ専門店」に依頼するという方法もある. 上記の4つが用意できたら、 次は、スーツの穴を直す手順を説明していきます。 全部で、 3ステップ です!いきますよ~! その① アイロン接着シートをカットする. スーツをいざ着ようと思ったら虫食いの穴が! 修理にだす時間があれば良いのですが、急ぎの場合には途方に暮れてしまいますよね。そんなときは、とりあえず応急処置をして乗り切りましょう。では、困った虫食い穴の応急処置の方法と、虫食いを防止する保管方法についてご紹介します。 まず、アイロン接着シートを、補修するサイズにカットします。 ウェットスーツの修理(補修)・補正の事例. 高価で繊細な衣服に穴が空いてしまったり、自分で虫食いを補修するのが不安だという人は、プロに頼みましょう! 地元の漁師さん・消防署などのプロの潜水士から、初心者ダイバー・サーファー・トライアスロンの競技に参加される方など、海を愛する人々のオーダーメイドスーツや 修理(補修)・補正を手がけています。