トヨタl&fのフォークリフトを始めとする産業車両や物流システム機器は、お客様から高い信頼をいただいています。 企業情報. トヨタ自動車が約2年ぶりに普通社債を発行する方針を固めたようだ。case(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)への投資に向けたものとみられる。日本経済新聞が2019年5月14日に報じた。 日本の自動車メーカーが収益悪化に苦しむ中、トヨタ自動車が2019年8月2日に発表した2019年度第1四半期(2019年4~6月)の連結決算は増収増益だった。世界販売台数も、前年同期の実績を上回った。 トヨタ自動車が設備や研究開発への積極投資を進めている。自動車産業では、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)分野の存在感の高まりが100年に1度と言われる大変革を迫り、「『生きるか死ぬか』という瀬戸際の戦いが始まっている」(豊田章男社長)状況。 2019年3月期 連結売上高比率(前期比較) トヨタ比率 製品別 その他客先 トヨタ及び トヨタ関連 スイッチ類 シフトレバー キーロック シートベルト その他 単位:億円 ()内は売上比率 5,076 <その他客先増減> ・subaru +47 ・三菱 +21 ・スズキ +16

トヨタ企業サイト「財務データ」をご紹介します。トヨタは企業価値を持続的に高め、ステークホルダーの皆様とともに、安定的・継続的に発展していきたいと考えています。