世界の小麦の生産量、輸出量、輸入量についてのデータをグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※2008年のデータは2008年11月現在の推定値となっていますのでご注意ください。) ・関連ページ 「世界の米」 過去10年間の世界各国の穀物生産・輸出・輸入の変 化を見ると、小麦・コーン輸出を増やした国では単収の伸びが高い傾向があり、大豆輸出を増やした 国では栽培面積の伸びが高い傾向があった。また小麦輸入を増やした国では人口増加率が高い傾 世界の小麦の生産量、輸出量、輸入量についてのデータをグラフにまとめました。 地理の学習等にお役立てください。 (※2008/9年のデータは2009年2月時点の推定値となっていますのでご注意ください。 2018年の世界の大麦生産量 国別比較統計・ランキングです。各国の大麦生産量と国別順位を掲載しています。時系列データは1990-2018年まで収録。 ロシアの小麦生産量は2000年代初めまで4000万㌧前後で推移してきたが、天候に恵まれたこともあり、18年には8500万㌧超へと飛躍的に拡大。米国の5000万トン前後を凌ぐ世界有数の小麦生産大国となった。 2016年の世界のでん粉生産量は、全ての品目で前年を上回り、特に小麦でん粉は市場規模としては小さいものの、高い増加率を示した。 一方、消費量は、2018年までいずれの品目においても堅調に推移するものと見込まれている。 2016年の世界のでん粉生産量は、全ての品目で前年を上回り、特に小麦でん粉は市場規模としては小さいものの、高い増加率を示した。 一方、消費量は、2018年までいずれの品目においても堅調に推移するものと見込まれている。 小麦の世界(主要国抜粋)における生産量、輸出量、輸入量について、まとめました。 Home > 統計・ニュース > 統計資料 世界 > 小麦の生産 〔2017年〕 統計資料 農業・漁業・林業. 特に生産量の多い小麦・イネ(米)・トウモロコシは世界三大穀物と呼ばれている 。また、特に生産量が多く主食として扱われることも多いイネ、ムギ類、トウモロコシを主穀と呼び、その他の穀物を雑穀と呼んで区別することもある。 ・1人あたりの一次エネルギー供給量 ・1人あたりの二酸化炭素排出量 ・インターネット利用者率. 2000年以降の世界の小麦、とうもろこし、大豆及び米の国際価格のグラフです。 世界のとうもろこしの生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量について、米農務省(USDA)発表の最新資料をもとに表とグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※各数値は未確定のものが含まれていますのでご注意ください。 世界三大穀物とは、世界で栽培される穀物の中で、特に生産量の多い米、小麦、トウモロコシのことです。 米. 世界では、米と小麦のどちらが多く生産(せいさん)されていますか。 2015~2017年の米と小麦の生産量(せいさんりょう)の平均値(へいきんち)では、米が4億8600万トン、小麦が7億5200万トンで、小麦のほうが多く生産されています。 米は世界の総生産量のうち約9割をアジアの国々が占め、そのほとんどをアジアの人々が消費し … 日本から海外への小麦の輸出は統計上は実績がほとんどありません。 3.世界の小麦の生産状況・貿易状況. 2000/01年度以降の世界の穀物の生産量、消費量、期末在庫率の推移に関するグラフです。 (更新:令和2年5月13日) グラフ(pdf : 104kb) データ(excel : 120kb) 穀物等の国際価格の動向. 小麦の輸出量. 小麦の生産 … 各都道府県でどれだけ小麦が収穫されているか、都道府県の小麦の生産量(収穫量)ランキング(2018年)を掲載しています。