最新の第2世代amd epyc™プロセッサーを搭載し、極めて高いコア密度とメモリー密度を実現するコンパクトな1uラック型サーバー。データベース、分析、仮想化ワークロードなど、企業のデータセンター運用に力を発揮します。

AMD EPYC 7002サーバープロセッサを1基搭載するATXミドルタワーケースのサーバー向けモデルです。メモリはDDR4 3200MHzに対応し8-Channelで動作します(一部CPUではメモリが2666MHz、4-channelで動作します)。メモリ搭載可能本数は最大8本です。 vcae-wa001. 2019年8月にamdが正式発表したサーバcpu「epyc(エピック) 7002シリーズ」(以下、第2世代epyc)に、ユーザーの熱い視線が注がれている。 AMD社が提供する新世代のサーバー向けCPU AMD EPYC™ 7000 シリーズを搭載した、Supermicro A+サーバーが大変ご好評を頂いております。 そこでAMD EPYC™ 7000 シリーズ、Supermicro A+サーバーについてご紹介いたします。 タワーケースにamd 第2世代 epyc プロセッサーを2基、3.5インチ ドライブを最大8台、最大4tbのメモリを搭載可能。 サーバーマザーボード Always built with the best and most durable components, we make products suitable for both tower and rackmount servers with features for a wide range of professional applications.