2,000枚を超える場合は、1,000枚ごとに330円ずつ手数料を加算させていただきます。 集金時の場合も対象となります。 お取扱いの枚数は、お客様がご持参になった紙幣・硬貨の合計枚数、またはお持ち帰りになる紙幣・硬貨の合計枚数のいずれか多い方とさせていただきます。 売上金額から振込手数料が引かれていた時の仕訳について考えてみます えんにてお庭を眺めながらランチしてきました 売上代金が入金されたとき(振込手数料が引かれていない場合) 請求書に「振込手数料はご負担ください」の一言がない場合、振込手数料が引かれて入金されることがあります 信用取引を行う際は、現物取引とは異なるコスト(費用)が発生します。主に「金利」「貸株料」「逆日歩(品貸料)」などになります。信用取引は現物取引より売買手数料が割安になることが魅力ですが、売買手数料以外に発生するコスト(費用)を把握することが重要となります。 なお、信販会社への手数料(販売代金の4%)を販売時に認識する。 (2)上記(1)について、手取額が信販会社から当座預金口座に入金された。 【合格直結の考え方】 通常の掛取引の仕訳 (借)売掛金 10,000 (貸)売 上 10,000 上記の売掛帳は自分が売上を掛という形で行った場合に、後日もらえる金額を記録しておくために作る書類でした。 この反対が買掛帳です。 買掛帳は売掛帳とは反対で、自分が後日現金で支払うという掛の形で仕入を行った場合にその金額を記録しておくために作る帳簿になります。 仕入先へ 売上諸掛にも当社負担と先方負担の2種類のケースがあります。 それでは、当社負担と先方負担それぞれのケースについて見ていきましょう。 当社が運賃や保険料を負担した場合は、 発送費勘定 (費用の勘定)または、 支払運賃勘定 (費用の勘定)を使用して仕訳を行います。