結婚内祝いを贈る際には、お祝いを頂いた感謝の言葉をお礼状やメッセージカードとして添えるのがマナーです。このページではお礼状は品物に同封していいのか?写真付きのカードや定型文の文面は大丈夫か?などの疑問にお答えしていきます。 結婚内祝いや出産内祝いでは、お返しのプレゼントと併せて感謝の気持ちを綴った「お礼状」を添えるのが一般的です。迷いやすい便箋や封筒の選び方から、お礼状の書き方や注意点について、例文を交えながらご紹介します。 「内祝いの品」と一緒にお礼状を同封するか?という事になりますね。 答えは、同封してもokです。 ただ品物と礼状が別になっても構いませんが、その際は礼状の方が先に到着するように手配し、 後ほど別便で届く事を記載しておきましょう。 ご結婚おめでとうございます。 結婚すると、結婚式すんだ~終わり!ではないですよね、しないといけないことが山ほどあります。 結婚の内祝いもその「しないといけないこと」のひとつ。 結婚内祝いとは、もともとは結婚や出産、長寿と 結婚の際にいただいたお祝いには、結婚内祝いとしてお礼の内祝いをお返しします。内祝いはお礼の気持ちを込めたお礼状を添えて一ヶ月以内に贈りましょう。そこで、内祝いと一緒に渡したいお礼状の文例とマナーをまとめてご紹介します。 先に内祝いのお礼状を送ることで感謝の気持ちを表すことができるため、手紙の方が先なのです。 ただここで注意してほしいのは、絶対に 「手紙が先!品物が後!」というわけではない ということ。 内祝いの品とお礼状を同封しても失礼には当たりません。 結婚内祝いにお礼状は必要?渡し方は? 結婚内祝いのお礼状は、 品物を直接手渡しする場合には不要 です。 品物を配送する場合は、お礼状を書くのがベスト。 内祝いの品物にお礼状を同封して送るか、品物とは別々に送りましょう。 結婚内祝いを配送する際はお礼状を同封するか別便で送りましょう。白無地・縦書きの便箋(封書)に手書きがフォーマルですが、親しい友人や親戚には横書きでも構いません。結婚内祝いに添えるお礼状の基本的なマナーや、フォーマルな例文、堅苦しくない例文もそれぞれご紹介します。