ページ内にあるaタグの要素全体を抜き出してHTMLファイルとして書き出す方法を紹介します。HTMLファイルとして書き出すことでリンク集のような使い方ができるので便利です。書き出し方法はouterhtmlメソッドを使うことで、指定したタグを含めた要素全体を取得していきます。

Aタグのonclick属性に実行したいJavaScriptを記述した場合、リンククリック後ページが遷移してしまいます。リンククリック時のページ遷移を防ぐためにhref属性に"#"を指定するか、"javascript:void(0);"を指定します。 IE Aタグのリンク先を.Click(クリック)してみた どうも、三流プログラマーのKen3です。 今回は、 IE で フレームの先のJavaScriptの起動にチャレンジしてみます。 といっても、.Runや.Scriptは攻略できなくて、逃げたんだけどね。 /* * 1. aタグで囲まれた文字がリンクです。このリンクをクリックすると別のページにジャンプするというわけですね。 上記のコード、 <タグ>要素内容<タグ>を全てひっくるめて要素 といいます。 この要素という単語は後で出てくるので覚えておきま …

ボタンのクリックをして検索結果のページに移る以前に紹介した、IEのページのテキストボックスに文字を入力するVBAコードやセレクトボックスで値を選択するVBAコードを用いると、YahooやGoogleなどの検索ワードを入力することはできますが ハイパーリンク(aタグ)のクリック大きなサイトの操作ではボタンのクリックやテキストボックスへの文字入力に比べて使用することは少ないですが、VBAでハイパーリンク(aタグ)をクリックすることも可能です。今回はハイパーリンクをクリック …