保険積立金(ほけんつみたてきん)とは、会社が加入した生命保険や損害保険の保険料のうち、満期返戻金に相当する部分(=満期により受け取る積立ての貯蓄部分)を処理する資産 勘定をいう。. 保険積立金とは、生命保険や損害保険の保険料のうち、満期返戻金など貯蓄性がある部分の保険料を計上するための勘定科目です。貸借対照表の資産の部の投資その他資産として表示されます。 仕訳内容: 転換前契約の保険料積立金額: 円: 定期期間: 年: 転換前契約の配当金積立金額: 円: 決算月: 月: 転換価格 養老(終身)保険部分 法人保険を見直す時期が来るかもしれません。その際に法人保険の「転換制度」の3種類の経理処理や、特徴、メリット・デメリットを事前に知ることはとても大切です。他にも転換制度の説明義務や大手保険会社の勧誘に気を付ける必要があるのでご説明します。 仕訳 勘定科目.comは、仕訳 勘定科目の検索ができるホームページです。 勘定科目ごとの税務上の取り扱いも掲載していますので、法人税・消費税について分からなくなっ た時も勘定科目一覧から検索して参考にしてください。 保険積立金がある場合とない場合で2パターンになります。雑損失、雑収入に関しては税務上の経費、収益となり、税金計算に影響を与えます。 (1)保険積立金がある場合の仕訳 転換してからの保険の保険料に積立部分はなかったので、以降、1,506,522と計上してきたのですが、今期決算に伴い、念のため保険会社に積立金残高証明書を発行してもらったのですが、1,534,521と若干増えており、問い合わせると運用益だと言われました。 5.解約返戻金の仕訳. 転換時の税務処理は、旧契約の保険積立金及び契約者配当積立金として資産計上している額を取り崩し、転換後契約に充当される金額(転換価額)は転換後契約の保険料処理に準じて行う。 転換価格のすべてを転換後の保険の終・・・ 保険積立金とは 保険積立金の定義・意味など.