本書の特徴2. 特に「標準問題精講」と「難問題の系統とその解き方」に関しては、大学受験用の参考書の中でも最難関と言って良いと思います。 ですから、次の2つに当てはまる方以外は解いても時間の無駄になる可能性が高いということを最初に断わっておきます。 『数学 標準問題精講シリーズ』は早慶や旧帝大レベルの問題が掲載されている演習用の参考書です。タイトルに標準と書かれていますが難易度は高くなっています。難しい問題について、解き方だけでなく解法のプロセスが分かりやすくまとめられているのが特長です。 目次 1. 数学Ⅰaの問題数は例題(標問)が101題で、例題1問あたりに1~2題演習がついています。数学Ⅱbは標問165題、数学Ⅲは116題で、同様に1~2題ずつ演習問題がついています。ⅠaⅡb合計で例題266題。ⅠⅡⅢab合計で例題382題。 数学が苦手だという理由で、文系を選択した人は多いと思います。しかし、文系数学は理系と比較して範囲も狭いですし、難易度や受験している学生のレベルも理系に比べて低いという特徴があります。そのため、実は文系数学は穴場の教科といえるでしょう。 Amazonで亀田隆の数学II・B標準問題精講 改訂版。アマゾンならポイント還元本が多数。亀田隆作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また数学II・B標準問題精講 改訂版もアマゾン配送商品なら … 使い方の例 本書の特徴 「基礎問題精講」「標準問題精講」には、それぞれ基礎問/標問と銘打たれる例題と、演習問題・演習と呼ばれる演習大の2種類が収録されている。 … 使用対象3. Amazonでの数学問題精講―高校入試。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また数学問題精講―高校入試もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 標準問題精講.