有害なガス、蒸気、粉じん等の有害業務を有する一定の事業場では、労働安全衛生規則第7条第1項第6号の規定により、衛生管理者のうち1人を、衛生工学衛生管理者免許を受けた者の中から選任することが義務付けられています。 衛生工学衛生管理者コース(5日コース) [ 衛生工学(5日) ] 有害なガス、蒸気、粉じん等の有害因子を発散する作業場には、作業環境を改善するために、それら有害因子の発散の抑制等についての衛生工学的対策が必要です。 中央労働災害防止協会(中災防) 教育推進部 事業サービス推進センター イベント事業課 大会担当 TEL 03-3452-6402 FAX 03-5443-1019 E-Mail taikai@jisha.or.jp . 亜鉛溶射吹き付け作業中、亜鉛ヒュームを吸引 ; ビル解体工事にて溶断された配管の運搬作業中、亜鉛中毒となり入院; 亜鉛びき配管の溶断作業中、酸化亜鉛ヒュームにより中毒; 酸化亜鉛含有の塗料の塗布された鋼板等の溶断中に中毒; 交流アーク溶接機で亜鉛メッキされたアングル材の溶接作 衛生工学衛生管理者講習.