一般的によく行われている1日ごとに15分や30分単位で残業時間を切り捨てるやり方ですが・・・・。 実際、過去には某企業が「10分未満の残業時間を切り捨てていたため残業代の未払いが生じた」として労働基準監督署が、過去2年分の残業時間を1分単位で再計算し、未払い分を従業員に支払うよう是正勧告をしたという例もあります。 残業時間を15分や30分単位で切り捨てるのは違法? 残業手当の計算方法 給与について 給与計算の方法. 残業代を15分単位で支払うとしている会社は意外と多いですが、実は違法です。残業代は原則1分単位で支払う必要があります。この記事では、残業代の切り捨てが違法な理由と会社の是正のために集めておくべき証拠を解説します。
しかし全ての労働者に対して1分単位の残業代を隈なく計算するとなると煩雑になり、雇い主側としても不便な事態が発生します。そのため、例外規定が定められているのです。 残業代を計算する際に、概算(四捨五入など)をしている。 残業の労働時間を把握する際に「残業代は30分単位で申告するように。」とルールを決めている。 残業が短い場合には申告をさせない。 もちろん残業代が出ることを見越して…なのですが。 さて、この残業代… どういう計算方法で算出されるものなのでしょうか。 たとえば1分単位とかでも、もらえるのか?… それとも30分単位で30分未満の残業時間を切り捨てなどになるのでしょうか?
1か月単位での30分単位や1円単位の四捨五入は適法. 1、1日の残業時間の計算、30分単位は違法? 「うちの会社は、残業は30分単位だよ」と上司に説明されていても、簡単に納得してはいけません。 それは法律では認められていないのです。