スーツは袖丈の長さによって見え方が違う. 対策を考える前に、「最適な袖の長さ」とは何かを軽く考えてみます。いろいろな視点があると思いますが、私が普段意識しているのは次の2点です。 ジャケットの袖から覗くシャツの長さ; ジャケットを脱いだときのシャツのだぶつき スーツの採寸では上着の肩先=袖と肩の縫い目の頂点から、袖口の前位置の端までを測ります。 スーツの袖丈が適切ではない場合の印象 プライベートで着るようなカジュアルなジャケットの袖丈は、流行や季節によって長さが変わるものです。 最適な袖の長さとは. スーツを着こなす基本として、スーツの袖を地肌に触れさせないというものが存在します。ワイシャツなどシャツは地肌の上に着る物、そしてスーツは地肌に触れさせない。つまり今回のスーツ、ジャケットの袖の長さへと繋がるということです。
シャツが1cm出る長さがベスト.

ドレスシャツ(ワイシャツ)の袖丈は、「親指の付け根に袖先が触れるくらい」が目安. ビジネスマンの正装と呼ばれるのがスーツです。ビジネスマンが当たり前に着ているスーツですが、最も重要と言えるのが袖の長さです。短すぎても長すぎても大切です。ワイシャツやボタンとの関係も解説しつつ、今回はそんな袖丈に関する疑問を解説していきたいと思います。 袖の長さもスーツ姿を美しく見せるポイントです。長すぎる袖丈は野暮ったい印象になるので注意。 シャツの裄丈もジャストサイズで着ていることが必須です。 またさらに言えば、 スーツの袖丈の長さはジャケットの裾からシャツが1cm見えるのが理想的 です。 個人差はありますが、 親指から10cmから11cm程度の数値でシャツの袖が見えるようになります。 スーツやジャケット生地は素肌に触れてはならない?

冒頭でお話した袖丈の長いソフトスーツのように、流行りによって袖の長さは変わってきます。 流行で変わるということは、それだけデザインが着用時の見え方に影響するということです。 スーツのジャケットの長さを指南してくれるコンテンツやショップスタッフは、たくさんいます。スーツを買う時にアドバイスしてもらった経験がある人も多いでしょう。 ポイントの一つに、袖口の長さがあります。適正の長さを気をつけるだけでも、ずいぶんと違う印象になります。高価なスーツや、ワイシャツを買わなくても、きちんとした見た目を印象付けることが出来ます。意外と簡単ですし、ぜひ参考にしてみて下さい。 袖からシャツが見えるのがさらにグッド.