PC(Java)版のマインクラフトにMODやリソースパックを導入した際、メモリ使用率(Used memory)が高くなってマイクラの動作がカクカクする、もしくは正常に起動しない場合があります。その時に、動作を改善するための『JVM Arguments』のオススメ設定方法について紹介します!

取得した数値ですが、cpuに関しては何もせずとも使用率が表示されます。(取得したのが全体の使用率なので) しかし、メモリの使用率は取得することが出来ないので、表示を工夫する必要があります。 こちらは上の状態からさらに1~2分程度経過した状況。 EdgeはCPU使用率に加え、メモリ使用率も当初の1.2GB台から半分の666MBまで落ちています 。 未確認ですが、Edgeではタブを短時間でも使用しない場合には、デフォルトのメモリ開放機能が働いているように思えます。

メモリの使用率が常時50%前後以下で運用できているのなら余裕があると考えてよいでしょう。 メモリ容量不足の状態が頻発するならメモリの追加か交換をすれば動作が改善される可能性が高いです。 タスクマネージャーーで確認すると、 そういった時は メモリ使用率は50~60%なのですが. Win10 Home 64bit RAM4GB メモリ使用率約50% Win10 Pro 64bit RAM8GB メモリ使用率約30% Win10 Pro 64bit RAM16GB メモリ使用率約20% ともに内蔵GPU RAMが少なければその分メモリ使用率は少ないのでRAM4GBで4GBもメモリが使用されることはないはず。 3 メモリを使用率(未使用率)に変換する. メモリを増設すれば、多少現像処理自体が早くなるのでは・・・? 大体cpu使用率が100%になっていたので、cpuパワーの不足と判断していましたが.