実家の車は平成10年式のダイハツ・ミラ(型式:gf-l700s)、4ドア。乗っている母親から「窓の上げ下げができなくなる」と言われたのが、今から数ヶ月前。確認してみると、運転席側ドアにある集中パワーウィンドウの運転席autoと助手席のスイッチがグラグラになってる。 ミラL700のパワーウィンドが故障 Tweet ... Q パワーウィンドウの故障 箇所判定 車はドッジ、1992年式のステルス(三菱3000GT パワーウインドウ故障に対する応急処置はできる? ご存知の通り、パワーウインドウ故障の原因はドアの内部にあります。 パワーウインドウレギュレーターに 素人がアクセスすることはほぼ不可能 なのです。 そのため自分でできることはあまりありません。 BMWミニクーパーの窓の開閉ができなくなり故障しました。パワーウィンドウレギュレータが故障で今回はよくあるモーターの故障ではありません。レギュレータ内のワイヤーがからまり再起不能に。交換方法をDIYでやってので詳しく解説してきます。 車の運転席側のウィンドウを閉めると勝手に半分降りて来ますがどんな原因が考えられますか? 運転席のパワーウィンドウをオートで閉めると、一旦上まで上がって閉まったと思うと、その途端にガラスが、反転し勝手に降りて来ます。 最近の車は、バッテリー交換後にパワーウィンドウの初期設定が必要になることが多いです。しかも、パワーウィンドウの初期設定をしないと スイッチを押しても窓が開かないというトラブルが起きます。 なので、バッテリー交換後はパワーウィンドウの初期設定をしておきましょう。 ②パワーウインドウスイッチをup操作してウインドウを全閉停止後 スイッチをそのままup側に2秒以上保持すると解除される。 ③挟み込み防止機能の作動を行う。 スイッチ保持の秒数 コペン3秒以上 ミライース サンバー6秒以上