ワイン(仏: vin 、英: wine 、伊: vino 、独: Wein )とは、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。 葡萄酒、ぶどう酒(ぶどうしゅ)とも。通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には、ほかの果汁を主原料とするものは含まない。 日本の酒税法では「果実酒」に分類されている。 す。日本には「ワイン法jはなく、「酒税法jで「補糖jと「補酸jが認められています が、ワイン用ブドウを栽培する者、選抜・育種する者の目標値として、カルフォルニアに おける数字ではありますが、この数値は妥当なものと理解しています。 2.

補 糖 酵 母 (除こう・破砕) (圧 搾) (おり引) 貯 蔵 (ろ 過) (びん詰) (圧 搾) (後発酵) 赤ワイン (おり引) 貯 蔵 (ろ 過) (びん詰) (発酵) もろみ 市販の白ワイン 市販の赤ワイン (発酵) もろみ 糖化液 白ワイン ⑺ ウイスキー シャプタリザシオン(chaptalisation)は、発酵途中のワインにアルコール強化の目的で糖分を補完することを指します。 ここは間違って覚えてしまうことは避けたいところですし、できれば深く理解したほうがいい部分なのでしっかりと理解しましょう。 ワイン用の品種は糖度20度以上だそうです。 糖を足すことを補糖と言いますが、その量は補糖前の糖度が分からないと計算出来ません。 また、果汁の糖度は完全に発酵する前提で、目標アルコール度数の2倍必要です。(つまりアルコール14度なら糖度28度)

果汁とワインは別々の「produit」とみなされるので、果汁を補糖し、その結果出来上がったワインを補酸することは、EU規則には反しないという解釈です。発酵前の果汁の段階で、補糖も補酸も行うことは、当然、EU規則に違反することになります。 ちなみに、補糖が禁止されているイタリアワインはアルコール分11%程度のものが少なくないし、寒冷地であるにも拘らず補糖しないドイツの高級ワインの中にはアルコール分7%(特殊な例としては5.5%)のものもある。