2018年06月04日 15:45 JST ベルベルジン本店 店長 藤原さん 「まずは糊とともに折りジワを落としてから再度、糊づけをします。その後は極力水を通さず穿き続ける。硬いデニムにシワを植え付けるわけです。 そうするとシワのインディゴが剥がれてきて白いアタリが出ます。 多くのヴィンテージデニムを取り扱っている古着屋「ベルベルジン」のデニムアドバイザー、藤原裕さんにズバリ聞いてみた。 第1回:「ヴィンテージデニムの値段の推移と景気の関係」を読む。 藤原 裕(ふじはらゆたか) 1977年、高知県生まれ。 数多くの古着屋が軒を連ねる原宿の老舗店「BerBerJin(ベルベルジン)」。 同店の藤原さんは、リーバイス501®の歴史や魅力を詰め込んだ写真集を監修するほど、デニムに精通! Fashion 動画 「ベルベルジン」藤原裕がヴィンテージデニムを解説するYouTubeチャンネル開設.

今年のお買い物を振り返る「2018年ベストバイ」。4人目は、原宿のヴィンテージショップ「ベルベルジン(BerBerJin)」のディレクター藤原裕さん。 「ベルベルジン」ショップマネージャー 藤原 裕さん 39歳 着用デニム:古着のリーバイス 「最近は、股上や腰回りにゆとりがあるリーバイスの505をよくはきます」。そう話す藤原さんが選んだのは、’60年代後半の“ビッグe”。 藤原 僕が知っているところでは、ショップとして打ち出しが早かったのは「フェイクα」ですね。現在はベルベルジンの姉妹店ですが、80年代当時の社長ご夫妻、特に奥様に先見の目があって「次はデニムが“来る”んじゃない? ビヨンデックスとは、あのベルベルジンの藤原店長が開発プロジェクトに参加されたヴィンテージデニム用の洗剤。 デニムの色は落とさず汚れのみを落とす と言う、ヴィンテージフリークが求めていた逸品…

1977年生まれ。古着好きなら誰もが知るカリスマショップのキーマン。最近では膨大な知識をもとに、ヴィンテージデニムアドバイザーとしてユーチューブ等で情報を発信し続けている。 先日の原宿散策のシメは、ヴィンテージ古着の超名店ベルベルジンで。 約20年の歴史がある老舗で、ヴィンテージ古着界のカリスマである藤原さんが店長をされてます。 本日はオンラインストアから10点upします。 90’s star wars/スターウォーズ 大判プリント Tシャツ 70-80’s rican rock リンガーTシャツ ボロ 実寸(m位) ベルベルジン ディレクター 藤原 裕さん.

そんな“事件”がデニムの世界にもある。デニム史を塗り替えた出来事を古着屋「ベルベルジン」のデニムアドバイザー、藤原裕さんに語ってもらった。 第1回:「ヴィンテージデニムの値段の推移と景気の関 … もはや老舗となったヴィンテージショップ、多くの古着屋が軒を連ねる中、お客様の信頼と期待に応え続けております。|tシャツ・ジーンズ・ジャケットなどのヴィンテージからオリジナルレーベルのスキニーが大人気です。 「ベルベルジン」ショップマネージャー 藤原 裕さん 39歳 着用デニム:古着のリーバイス 「最近は、股上や腰回りにゆとりがあるリーバイスの505をよくはきます」。そう話す藤原さんが選んだのは、’60年代後半の“ビッグe”。 もはや老舗となったヴィンテージショップ、多くの古着屋が軒を連ねる中、お客様の信頼と期待に応え続けております。|tシャツ・ジーンズ・ジャケットなどのヴィンテージからオリジナルレーベルのスキニーが大人気です。

藤原 裕(ふじはらゆたか) 1977年、高知県生まれ。原宿の人気古着ショップ「ベルベルジン」のディレクターを務める。豊富なヴィンテージの知識をベースに、ヴィンテージデニムアドバイザーとして、他ブランドとのコラボなども行う。 カジュアルウェアの定番となっているデニムジャケット(Gジャン)。今回は老舗古着店「ベルベルジン」の店主である藤原さんが登場。Levi's 506XXをはじめとするヴィンテージ・ジージャンをご紹介いただきながら、その魅力について語っていただいた。