中小企業診断士を大学で取得するのは難易度が高いのか. 中小企業診断士養成課程とは、既に中小企業診断士1次試験に合格された方を対象とした2次試験免除制度です。mbaのカリキュラムに加えて企業診断実習を履修することにより、中小企業診断士の国家資格とともに emba[修士号(経営学)]を取得することが可能。 中小企業診断士試験の科目免除制度をご存知でしょうか。この記事では科目免除制度の仕組みや活用方法について詳しく解説しています!この記事を読めば、制度の概要から活用する際の注意点まで全て明確に分かります!

2.1 二次試験が免除されるので確実に中小企業診断士になれる; 2.2 大学院の養成課程ならmba(経営学修士)を同時に取得できる; 2.3 【金融機関限定】会社負担で養成課程に参加できる; 2.4 コネができる(同期・講師) 3 中小企業診断士養成課程のデメリット

2次試験を避けられる養成課程とは?もうご存知のように中小企業診断士の資格を取得するためには「1次試験」「2次試験」に合格して「実務補修」を無事に終了する事が必要となります。1次試験を目指した詳しく中小企業診断士の勉強を始めて知られる事が多い

中小企業診断士には免除制度が存在します。しかも合格率20%前後の2次試験を免除できるため、それなりに価値があるかもしれません。今回は、中小企業大学校養成課程という免除条件についてお話しした … 中小企業診断士を大学の在学中での取得は、難易度 かなり高め です。. 税理士試験では、大学院の学位を取得すると科目免除を受けることができます。科目免除の制度とはどのようなものなのか、また、科目免除を受けることのメリットについても解説します。科目免除を利用して早めの合格を目指しましょう。 中小企業診断士試験の養成過程による試験免除。名古屋商科大学大学院による試験免除カリキュラムはmba科目と連動しているため、中小企業診断士の国家資格とともにmba(経営学修士号)も取得できま …

中小企業診断士試験の養成過程による試験免除。東洋大学大学院による試験免除学位取得に必要な要件を満たすことでmba(経営学修士)を取得することができます。費用(学費・受験費用・授業料)

しかし、これは中小企業診断士に限ったことではなく、むしろ公認会計士や税理士であればそれ以上に高い壁となります。