powerpointではスライドとスライドの切り替え時にアニメーションを設定して、魅力的なプレゼンテーションを行うことができます。スライド切り替えのアニメーションは簡単に設定することができるので、挑戦してみましょう! パワーポイントのスライドマスターについてご紹介しています。「スライドの設計図」ともいわれる機能で、全てのスライドに共通する書式を一括で設定できます。使い方をマスターして効率的に統一感のあるスライドを作成できるようになりましょう。 パワーポイントにアニメーションを設定する場合のポイントは・・・ 「アニメーションを多用しすぎない」 アニメーションを多用しすぎるとかえって見えづらいスライドになってしまいます。 パワーポイントで困るときは、アニメーション・スライドショー・印刷・画像編集が多いと思います。 だから、ココを抑えておけばバッチリだってところを説明しますね。 パワーポイントはポイントを抑えておくだけでいい。 PowerPoint 2013でアニメーションをもっとゆっくりしたい場合、アニメーションが適用されたオブジェクトを選択し、[アニメーション]タブの[アニメーション]グループ右下のダイアログボックス起動ツールをクリックし、[効果のオプション]ダイアログボックスで速度を設定できます。 パワーポイントで入力した文字を左から右に流れるようにするにはどうすればいいですか パワーポイントのバージョンによって少し違うと思いますが、2010なら上のメニューの中に「アニメーション」とい … パワーポイントでできるのは、プレゼン資料だけではありません。画面切り替えとアニメーション次第では、すべて自動化できます。スライドショーの繰り返しの設定も可能です。mp4として保存すれば、動画としても利用できます。 Powerpoint(パワーポイント)のスライドアニメーションで画面切り替えする方法をご紹介します。スライドアニメーションで画面切り替え方法 『「画面切り替え」タブ』をクリック 『スライドサムネイル』から画面切り替えしたいスライドをクリ