PowerPoint(パワーポイント)では、図形と枠線を別々の色に設定可能です。 【図形の塗りつぶしカラーの設定】では、作成した図形を設定しながら使 い方を図解入りで解説します。 グラデーションを簡単にかける方法です。 これは一度軽く触れましたが、再度、書いてみます。 以下のような図形を他の人が作り持っていたとします。 これをもらって、以下のようにグラデーションを利用するにはどうしたら良いしょうか?

今回はPhotoshopのグラデーションマスクを用いて、画像を段々と透明にする方法を紹介致します。画像が段々と透明になるデザインを目にした事があるかと思いますが、これを活用出来るようになるとデザインの幅がかなり広がります。 背景に画像や図を設定したい場合は、「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」「塗りつぶし(パターン)」を選択します。


センス不要で美しいグラデーションを作るための4つのコツと2つのNGポイントをご紹介します。これまであまり語られることのなかったWebデザインにおけるグラデーション理論ですが、ここでしっかりと理解しておきましょう。 最後にぼかした画像を元画像に重ねます。
最近のパワーポイントのバージョンでは画像に関する機能が豊富です。特に個人情報保護が重要視されている現在、個人が写っている画像は特定されないようにぼかしをかけることが多いかと思います。 うまく自分でグラデーションが設定できない場合は、「既定のグラデーション」から選択しましょう。 1-2.背景に画像・図を設定する. PowerPointでは主に、文字と図形の塗りと枠線といった3箇所へ自由に着色することができます。新規にファイルを作り、文字を打ち込むと黒が標準設定の色として適用されます。図形を作った場合にも、初期設定の塗りつぶし色と枠線の色が青系の色で適 PowerPoint 2016の[背景の書式設定]作業ウィンドウを使用して、背景のグラデーションを自作することができます。グラデーションの種類から[タイトルからの影をつける]を選択して、スライドのタイトルを引き立たせることも可能です。 グラデーションで使うのでかなり強いぼかしを使うことになります。 この画像ができたら、また切り取りして、「図として貼り付け」ます。上と同じ見た目の1つの画像ができあがります。 重ねてトリミングして完了.