久しぶりに誰かに会ったときに、英語でどういう会話をすればいいか知っていますか?久しぶりに会った時の一言目で定番の「Long time no see!」 (久しぶり!)と習った人も多いのではないでしょうか?日本語でもそうですが、「久しぶり!」と挨拶しただけで会話が終わることはありません。

今日はFacebookで海外の友達と気軽にメッセージをやりとりするときや、 『久しぶり』に会えてうれしい気持ちを伝えるときのフレーズについて勉強します。 連絡を取り合えたり、会えてうれしいときの最初の一言です! どれだけうれしいか表現して相手との距離を近づけましょう! 「お久しぶり」とは英語で何ていうのでしょうか。 長い間合っていなかった、家族や友達や知り合い同僚に会った時に、 「久しぶり!」と英語で伝えたい、どう言えばいいのか知っていますか? 「お久しぶり」という意味を伝える言い回し 「久しぶり」の英語について「挨拶で使う久しぶり」「~するのは久しぶり」「久しぶりに~する」の3つに分けて説明します。「久しぶり」にピッタリ対応する英語は存在しません。シチュエーションに合わせて「久しぶり」を使い分けられるようになって下さい。 英語で自然に「久しぶりです」と言いたいけれど、相手や状況問わずLong time, no seeでよいのかな?とお悩みではありませんか?さまざまな表現をマスターして、長い時間を経た後の再会にふさわしい挨拶をしましょう! 久しぶりに会った人に久しぶり!と英語で挨拶をするとき、あなたらならどのように表現しますか?今回は、知人への挨拶をはじめ、ビジネスシーンでの挨拶、親しい人と交わすスラング表現などをご紹介します。使用するシーンを使い分け、英語圏出身の相手と親睦を深めましょう!