また、鉄剤の摂取が終わった後も鉄欠乏性貧血にならないように、鉄分の摂取や吸収率をを考慮した食事療法を続けていくことが、再発の防止に繋がります。 貧血の鉄剤注射の治療期間について. 鉄欠乏性貧血を改善するには鉄分を積極的に摂取する必要がありますが、体内の貯蔵鉄を使い果たしている場合には食事で改善することは難しく、鉄剤を服用する必要があります。鉄剤の特徴や服用方法について知っておきましょう。 基本的には過剰摂取にならない量と頻度で注射を行います。

鉄欠乏性貧血の場合・・・鉄剤の経口投与または筋注; 巨赤芽球性貧血の場合・・・ビタミンb12の経口投与または筋注; 葉酸も大事に思われますが、 巨赤芽球性貧血の場合、葉酸投与で神経症状が悪化してしまう ため使えません。 7.鉄欠乏性貧血及び鉄欠乏状態の治療 (1) 治療法の選択と食事療法の意義 治療の原則は言う迄もなく経口鉄剤である。ところが実際には貧血が軽度の場合、食事の指導のみで鉄剤が投与されていない例が比 … 貧血症状を「鉄剤」で改善するための期間/どのくらい服用するもの? スポンサーリンク 貧血症状の原因の中でもほとんどの割合を占めるのは、体内の鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。