Windows10 でタスクバーにクイック起動を表示する方法を紹介します。クイック起動を表示すると、タスクバーをランチャーのように使えます。タブレットモード時はサイズが自動で変更され、見た目がおかしくなるので表示しない方がいいです。

Windows 10で復活したタスクバー。しかしこのタスクバーは多機能なので、これを使いこなしている方は少ないでしょう。今回はこのタスクバーの多彩な機能を紹介しながら、表示・非表示(隠す)や固定・移動、小さくアイコンを表示させるなどカスタマイズをして使いこなす方法を紹介します。 実はもうひとつ タスクビュー での切り替えという方法もあります。 これはタスクバー上の[タスクビュー]というボタンをクリックしたり【Win】+【Tab】キーというショートカットで呼び出せます。 タスクビューでの切り替えもあるけど. Windowsにおけるショートカットと言えば、デスクトップに置くことが多いでしょうが、Windows 10では、タスクバーやエクスプローラー、スタートメニューなど様々な場所にショートカットを作成するこ … よくあるお話ですが、仕事中にネットサーフィン⇒上司が背後に!!⇒Winキー+Dで即消し!!だけど、画面下のタスクバーにはインターネットの第みたいなのが見えてますよね。はじめからタスクバーを下にドラッグして、見せなくしておけば

タスクバーには既定でいくつかのアプリケーションのショートカットがピン留めされていますが、ここには自分の好きなアプリケーションやフォルダーをピン留めしておくこともできます。アプリケーションやフォルダーのショートカットをタスクバーにピン留めする方法を紹介します。 Windows10のパソコンで、タスクバーに登録してあるアプリケーションやフォルダーなどを、キーボードのショートカットキーで起動する方法を案内しております。右手をキーボードから離したくない時には便利で、時間を短縮することができます。